03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

ソーシャルレンディング

いま、非常に注目を集めている、不動産を小口化し投資を募る「ソーシャルレンディング」。ソーシャルレンディングとは、クラウドファンディングの1つで、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディング事業を運営する会社は、インターネットを活用し、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。
サービスにもよるものの、最少投資額は1万円と、元本が少なくとも始めやすい資産運用方法です。

 

では、なぜ銀行からお金を借りるのではなく、ソーシャルレンデ1.銀行の融資に比べて審査が通りやすい

ィングを利用するのでしょうか。

ソーシャルレンディングは資金需要者の審査は厳格に行うものの、その他の要素は比較的柔軟に対応します。それまでの事業歴から収益が見込みやすいと思われるプロジェクであれば、ソーシャルレンディングによる融資が比較的受けやすくなります。

 

2.機動的な融資が可能

ソーシャルレンディングはその審査の柔軟性から、機動的な融資が行いやすいです。
不動産業界では、突発的によい物件が市場に出現するケースがしばしばあります。この場合、いかに早期に契約締結を行い売買を行う事ができるのか、との点が取引成功への大きなポイントとなります。

 

クラウドレンディングを使ったビジネスモデルをお考えの方は、ぜひ一度ハウスバードにご相談下さい。民泊事業をするにあたっての一番よい方法を、一緒に考えていきましょう。

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください