03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

不動産業界での独立開業や事業拡大におすすめの不動産フランチャイズとは?概要や特徴を解説!

不動産業界は、人々の生活にダイレクトに関わる「住まい」を取り扱う、厳しいけれどもやりがいのある業界です。不動産業界でこれから開業したい方や、既存の事業を拡大したい方もいるのではないでしょうか。そのような方におすすめの方法のひとつが、不動産フランチャイズです。

当記事では、不動産フランチャイズの概要・特徴・仕組みから、加盟するメリット・デメリット、本部の選び方・開業手順・成功のポイントまで幅広くご紹介しています。

不動産業界で活躍したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

不動産フランチャイズとは?

不動産フランチャイズとは、フランチャイズ本部(フランチャイザー)が看板・ノウハウ・システム・サポートの提供を行い、加盟店(フランチャイジー)は本部に加盟金やロイヤリティを支払うことで各種サービスを利用したビジネスを行うことができる仕組みです。

有名な不動産フランチャイズでは、アパマンショップ・センチュリー21・ミニミニ等が挙げられます。これらのフランチャイズ本部となる企業は全国に多数の店舗を展開しており、直営店も僅かに存在していますが、多くはフランチャイズを利用した加盟店となっており、本部とは別の法人が運営しています。

 

不動産フランチャイズを利用して開業するメリット

ここでは、不動産フランチャイズならではの開業に有利なメリットについてご紹介します。フランチャイズを利用しての開業を検討している方は、そのメリットを最大限活用することが重要であるため、ぜひご参考下さい。

 

本部の知名度・ブランド力・信頼性を集客に活かせる

不動産フランチャイズの本部は、誰もが名前を知っている大手企業です。加盟店として開業することで、本部の圧倒的な知名度・ブランド力・信頼性を利用して集客・販売を行えることが最大のメリットです。

個人で開業すると、知名度や信頼性の無さから集客にも販売にも多大な苦労が伴うケースが多くあります。

集客力・信頼性に優れた大手の看板を借りて開業することで、開業初期の最大の関門である集客の課題をクリアして、店舗運営をスムーズにスタートすることができます。

 

本部が提供する店舗運営・経営ノウハウを活用できる

不動産フランチャイズが多くの加盟店を募集できる理由は、ブランド力だけでなく優れたノウハウを有しているためです。不動産フランチャイズの加盟店となることで、本部が提供する店舗運営・経営のノウハウを存分に活用することができます。

個人で開業した場合には、店舗運営のノウハウを確立するのに多大な労力と時間が必要となります。

本部が膨大な店舗運営データを基にブラッシュアップを重ねたノウハウを利用できることは、新規開業者にとって非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

業務システムやサポートを利用できる

不動産フランチャイズに加盟すると、本部からノウハウだけでなく業務に必要なシステムやサポートも提供されます。

個人で開業して業務支援システムを導入して業務環境を整えるのは労力が掛かり、業務に適したシステムの選定や業務効率化の仕組みを確立するのも困難です。

本部が提供するノウハウに加え、既に最適化された業務システムがパッケージとして提供されることは、不動産フランチャイズに加盟する大きなメリットでしょう。

また、業務システムの使い方に限らず、店舗運営での疑問や悩みが生じた際には手厚いサポートを受けることができます。個人で開業すると相談相手も見つからず孤独になりがちであるため、充実したサポートが整備されている点は加盟店にとって心強いでしょう。

 

不動産フランチャイズを利用して開業するデメリット

不動産フランチャイズで開業する際には、フランチャイズ本部に起因する特有のデメリットがあります。

一般的な開業とは異なるデメリットがあるため、不動産フランチャイズで開業を検討している方はぜひ確認しておいて下さい。

 

本部に支払うコストが発生する

不動産フランチャイズを開業する際には、加盟金・保証金・店舗関連費(内装・設備)等の初期費用に加え、毎月本部に支払うロイヤリティ・システム利用料といったさまざまなコストが発生します。

開業時には規模にもよりますが500~1,000万円程度のまとまった資金が必要となり、開業後も毎月ロイヤリティが発生し続けるため、コスト面の負担が大きいことがデメリットです。

また、上記に加えて毎月の店舗賃貸料・広告宣伝費・人件費なども一般的な開業と同じく発生します。

フランチャイズに加盟することでベネフィットを得られる反面、コスト負担は大きくなるため、その分たくさん売上をあげなければならない点に留意しておく必要があります。

 

本部が決めたルールの制限を受ける

不動産フランチャイズは、店舗運営や経営のノウハウがされる反面、加盟店は本部が定めた運営方針・業務マニュアル・ルールに従わなければなりません。

例え集客・販売のアイデアを思い付いたとしても、本部の方針やルールに反するものであれば、実行することができない場合もあります。また、本部の方針によりイベントやキャンペーンを半ば強制的に実行しなければならないケースもあります。

このように個人で開業する場合と異なり、本部の方針やルールによる制限を受けてしまうことがフランチャイズに加盟する大きなデメリットです。

 

希望のエリアに出店できるとは限らない

多くのフランチャイズ本部では加盟店同士が競合するのを防ぐためにエリア制を採用しており、既存加盟店が存在するエリアの一定範囲内には出店することができません。加盟したいフランチャイズ本部が見つかったとしても、希望のエリアには出店できるとは限らない点に注意が必要です。

そのため、フランチャイズ加盟を検討する際には、事前に希望エリアに既存店舗が無いか確認しておくことや、万が一希望エリアに出店できない場合に備えて他の本部を検討しておくなど、代替手段を講じておくことが重要となります。

不動産フランチャイズはこんな方におすすめ!

不動産フランチャイズを検討しているけれども、開業手段として自身に適しているかどうかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、不動産フランチャイズがどのような方におすすめできるのかをご紹介します。フランチャイズ加盟の判断の参考にしてみて下さい。

 

不動産業界で独立したい方

不動産会社で勤務しており、これから独立を考えている方には、不動産フランチャイズへ加盟しての開業が非常におすすめです。

不動産の知識・ノウハウ・経験を有しているため、個人で独立開業しても成功できるイメージを持っている方は多くいます。しかし、個人が有する販売ネットワークやノウハウには限界があり、また独立後はプレイヤーとしての能力だけでなく経営スキル・経営ノウハウも必要となるため、個人の力では難しいところがあります。

不動産フランチャイズを利用すれば、自身が培った知識・ノウハウ・経験に加えて本部のリソースを利用できるため、独立開業の大きな後押しとすることができます。

 

事業拡大を考えている不動産事業者

不動産フランチャイズへの加盟は、新規に独立開業する方だけでなく、既に不動産業を営んでおり事業拡大を考えている方にもおすすめであるケースがあります。

特に、事業拡大を考えているけれども良い方法が思い浮かばない方や、自身が有する集客力・物件ネットワーク・ノウハウでは事業の成長が頭打ちになっている方は、フランチャイズ本部のブランド力・物件ネットワーク・ノウハウが後押しとなり、大きく飛躍できるケースも多くあります。

反対に、自身で事業拡大を図れる方や、独自のノウハウを確立している方は、不動産フランチャイズ加盟により得られる恩恵は少ないと言えるでしょう。

 

本部のノウハウやブランドを活かしたい方

不動産フランチャイズは洗練されたノウハウとブランドを有しているため、本部が有するノウハウ・ブランドを活かすことを目的に加盟するという方法もあります。

特に、異業種から参入する方・未経験から不動産業界で開業する方・事業拡大のためにノウハウを蓄積したい方にはおすすめの方法です。

期間を定めた加盟でノウハウ・ブランドを利用するという方法もありますが、一定期間内の解約には違約金を定めている本部も多いため、事前に契約内容をよく確認しておく必要があります。

 

不動産業界でビジネスを展開するなら、貸別荘運営もおすすめ!

不動産業界で独立開業する方法は、当記事でご紹介したような仲介業だけではありません。他にも、貸別荘経営・不動産投資を行うという方法もあります。

近年では古民家・空き家をリノベーションした貸別荘が大きな注目を集めており、物件を確保して開業を目指す方も増えています。

国内の宿泊施設は全国的に不足していることもあり、宿泊ニーズや先行者利益も見込めるため、収益性についても十分に期待できます。

 

弊社では、貸別荘のトータルプロデュース事業を展開しており、緻密なマーケティング・リサーチ・サポートにより貸別荘経営を行う方の支援も行っています。

不動産業界での独立開業を考えている方は、トレンドのビジネスモデル「貸別荘経営」をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

詳しい資料も無料でご提供していますので、ご興味のある方はご参考下さい。

 

・ハウスバード株式会社|資料請求・お問い合わせページ

https://housebirdjapans.com/contact

不動産フランチャイズ本部の選び方

不動産フランチャイズで開業する場合は、どこの本部に加盟するかによって開業後の展開が大きく左右されるため、本部選びは最重要ポイントです。

ここでは、不動産フランチャイズの本部を選ぶ際に見るべきポイントと選び方についてご紹介します。

 

知名度・ブランド力

不動産フランチャイズ本部を検討する際にまず見るべきポイントは、本部の知名度・ブランド力です。大手の看板を利用して集客・販売ができることが不動産フランチャイズに加盟する最大のメリットであるため、確かなパフォーマンスを発揮できる知名度・ブランド力を有しているかは特に注意深く確認することが重要です。

多くの不動産フランチャイズは大手企業が運営していますが、知名度・ブランド力については変動するものであるため、本部に加盟金やロイヤリティを支払ってでも加盟する価値があるかどうかを、幅広く情報を集めて慎重に精査するようにしましょう。

 

信頼性

不動産フランチャイズで開業するのであれば、本部と加盟店の信頼関係が成功のためには何よりも重要です。そのため、加盟を検討している本部が安心して長期的な関係を築ける信頼性を有しているかどうかは、本部を選ぶうえで重要な判断基準となります。

具体的には、次のような点をチェックすると良いでしょう。

 

・経営基盤は安定しているか

・本部としての実績・運営期間は十分であるか

・加盟店の数は多いか

・加盟店の運営状況・経営状況はどうか

・顧客や加盟店からの評判はどうか

 

重要なポイントは、公式サイトやCMで公開されている情報だけでなく、加盟店や顧客からの生の情報も取り入れて判断することです。本部や他の加盟店が不祥事を起こしてブランド力や信頼性が低下しているケースもあります。

不動産フランチャイズは開業するのに相応の資金・労力が必要であり、容易に乗り換えることは難しいため、本部の信頼性については妥協なくチェックしましょう。

 

システム・サポート体制

不動産フランチャイズの加盟店は、加盟金・ロイヤリティといったコストを本部に支払うわけですから、相応のノウハウ・システム・サポートを提供して貰いたいものです。

そのため、フランチャイズ本部を選ぶ際には、提供されるノウハウ・システム・サポートについて入念に確認を行い、また開業後の収益性やどのような業務フロー・キャッシュフローで店舗運営を行うかについても事前に調べてから判断することが重要です。

特に、加盟にあたってリスクとなる要素が無いかは、慎重にチェックしておきましょう。

不動産フランフランチャイズで開業する手順

ここでは、不動産フランチャイズで開業する手順について簡単にご紹介します。

 

1.店舗・資格・免許の準備

不動産フランチャイズに加盟するには、自社の店舗・宅建等資格等が必要となるため、事前に準備しておきます。開業後間もない場合は、一時的に自宅を事務所として加盟後に物件を用意しても構いません。

2.情報収集・加盟する本部を決める

フランチャイズ本部の情報を集めて比較検討を行い、加盟する本部を決めます。

3.説明会参加

加盟を希望する本部に問い合わせを行い、説明会・セミナーに参加します。

4.加盟エントリー・審査

説明会・セミナーの内容に納得して加盟を決意したら、申込書類・添付書類を用意して、加盟エントリーを行います。提出書類を基に、フランチャイズ本部が加盟の可否について審査を行います。

5.最終意思確認・加盟金の入金・契約

審査通過後本部から最終意思確認と契約の案内があります。最終意思決定に合意して加盟を決意したら、契約書の締結と加盟金の入金を行います。

6.本部のオリエンテーション研修へ参加

多くの本部では、営業開始前に店舗オープンに向けてのオリエンテーションと研修が用意されていますので、日時を打ち合わせして参加します。

7.採用・教育・店舗準備

本部の指示・サポートに従い店舗の内装・設備を整え、オープンに備えます。スタッフを新規に採用する場合は、この期間に採用・教育活動を行っておきます。

8.フランチャイズ加盟店として営業開始

すべての準備が整ったら、晴れてフランチャイズ加盟店として営業をスタートすることができます。

不動産フランフランチャイズ開業に必要となる費用

ゲストハウス経営資料請求への問い合わせ誘発が目的であるため、端的に

 

初期費用

・加盟金

・店舗準備費

・保証金

 

運転資金

・人件費

・賃貸料

・広告費

・ロイヤリティ

・システム利用料

 

不動産フランフランチャイズでビジネスを成功させるポイント

不動産フランチャイズでビジネスを成功させるには、本部から提供されるノウハウやシステムを受け身で活用するだけでなく、自身でもビジネスの成長に繋がるような工夫を行うことが重要です。

ここでは、不動産フランチャイズでビジネスを成功させるために必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

事前に入念なリサーチと緻密な事業計画の作成を行う

不動産フランチャイズへの加盟は、本部から店舗運営に役立つ情報・データ等の提供はありますが、売上や利益が保証されているわけではありません。あくまで成功するか否かは経営者の資質・力量次第であるため、本部任せでは成功は難しいでしょう。

そこで重要となるのが、開業にあたって事前に入念な市場調査・競合調査・情報収集を行い、成功が見込めるような事業計画を自身で作り込んでおくことです。

時間と労力を費やして開業後の展開を考えておくことで、不要なリスクを回避してチャンスを掴める確率も高まり、成功を収める可能性も高めることができます。

 

競合との差別化を考えておく

不動産フランチャイズへ加盟するか否かに関わらず、ビジネスを行ううえで必ず意識しなければならないのが、競合の存在です。競合の動向によって、同じビジネスを行ったとしても、結果は大きく違ってくるためです。

そのため、不動産フランチャイズで開業する場合においても、出店エリアの競合数・店舗規模といった競合の動向を把握して、物件の取扱・集客・販売において差別化を図る具体的な方法を考えておくことが必要となります。競争優位性を発揮できる見込みが無ければ、思い切って別の出店エリアを検討することも重要な考え方です。

競合が存在しないビジネスは無いため、不動産フランチャイズで開業する場合においても、競合を意識した戦略を必ず検討しておくようにしましょう。

 

IT・ツールの活用を検討する

多くの不動産フランチャイズでは、店舗業務を効率化するための業務システムは提供されます。しかし、提供されるシステムは多くの加盟店が使用する汎用的なものであるため、本部の業務システムだけで最大限のパフォーマンスを発揮できるとは限りません。

そこでおすすめとなる方法が、自身でも更に業務改善・業務効率化に繋がるようなIT・ツールの活用を検討することです。近年では社内コミュニケーションツールやナレッジ共有ツールなど安価で優れたクラウドサービスも数多くリリースされているため、店舗運営のDXを兼ねて導入を検討してみましょう。

まとめ

不動産フランチャイズの概要・特徴や開業方法についてお伝えしてきました。不動産フランチャイズは本部が持つ知名度・ブランド力や提供されるノウハウ・システムを利用して、ビジネスを優位に進められることが最大のメリットです。これから独立を考えている方や事業拡大を考えている方にとっては、おすすめできるケースも多くあります。

不動産業界で開業する方法は、フランチャイズへの加盟以外にも、貸別荘経営や不動産投資といった複数の方法があるため、自身にあった選択をするのがおすすめです。

弊社では貸別荘の運営・貸別荘への投資・不動産売却等をトータルでプロデュースする事業を行っており、独立開業を考えている方の支援も行っています。貸別荘の開業・経営に興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

https://housebirdjapans.com/contact

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください