03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

ホテルオーナーになるには?具体的な方法・手順・必要資金を解説!

宿泊施設におけるホテルとは、近代的な構造・設備を備えた洋風の施設のことを言います。

ホテル業界・ホテルビジネスに関心がある方や従事している方であれば、ホテルオーナーに憧れる方は少なくないでしょう。

当記事では、ホテルオーナーの概要から、ホテルオーナーのタイプ、ホテルオーナーになる方法、必要となる資金の相場までを解説します。

ホテルオーナーについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

ホテルオーナーとは?経営者・運営者との違い

ホテルビジネスには、ホテルオーナー・経営者・運営者の三者が関与しています。

これらは同一の法人が兼任していることも多いためよく混同されていますが、明確な違いがあるため理解しておくことが重要です。

 

・ホテルオーナー

当記事でご紹介しているホテルオーナーとは、ホテルの土地と建物の所有者のことです。

オーナー自身が経営を行っている場合もあれば、そうではない場合もあります。

 

・ホテル経営者

ホテル経営者とは、ホテルビジネスで利益を上げる役割を持つ者です。ビジネス戦略の立案・採用・方針の決定などを行います。

オーナー自身が必ずしも経営を行っているとは限らず、委託・リースにより外部の企業が経営を行っている場合もあります。

 

・ホテル運営者

ホテル運営者とは、ホテル物件にて実際の実務に携わる者のことです。

経営方針・経営戦略に基づき、サービス提供・施設や設備の管理などを行います。

ホテル経営者が経営を兼ねている場合もあれば、オーナー・経営者・運営者が完全に分離している場合もあります。

 

ホテルオーナーの立場としては、自身が経営・経営を行うのか外部企業に経営・運営を任せるのか、どちらかを選択することとなります。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

ホテルオーナーは3つのタイプに分けられる

ホテルオーナーとは上述の通りホテル所有者のことですが、ホテル運営への携わり方によって、大きく分けて3つのタイプに分けられます。

ここでは、3タイプのホテルオーナーについて、それぞれ概要・特徴・メリット等を解説します。

 

所有直営方式

所有直営方式とは、ホテルオーナー自らがホテルの運営・経営を行う方式です。所有者と経営者が同一であるため、社会的信用が高いことや独自性を演出しやすいことが特徴です。

ホテルオーナー視点からの所有直営方式の主なメリット・デメリットは次の通りです。

 

■メリット

・意思決定・経営判断を迅速に行える

・自由度の高いホテル運営を行うことができる

・金融機関等の融資を受ける際に有利となる

 

■デメリット

・ホテル物件の確保・経営に多額の資金が必要となる

・経営状態に収益が左右される

 

所有直営方式で運営されている代表的なホテルには、帝国ホテル・プリンスホテル・リーガロイヤルホテルなどが挙げられます。

 

運営委託方式

ホテルオーナーが、外部のホテル運営企業にホテルの運営・経営を委託する方式のことです。

ホテルオーナーは委託料をホテル運営会社に支払う必要がありますが、ホテルの運営・経営の負担を大幅に低減できるのが特徴です。

ホテルオーナー視点での運営委託方式のメリット・デメリットは次の通りです。

 

■メリット

・ホテル運営のプロフェッショナル・専門家に運営・経営を任せることができる

・自身がノウハウを持っていなくても上質なサービスを提供できる

 

■デメリット

・経営状況に関わらず一定の委託料を支払う必要がある

・委託するホテル運営会社次第でパフォーマンスが異なる

 

運営委託方式で運営されている代表的なホテルには、星野リゾート・ホテルJALシティ・オークラホテルズ&リゾーツなどが挙げられます。

 

リース方式

リース方式とは、ホテルオーナーが自身が所有するホテルをホテル運営会社にリースで貸し出す方式のことです。経営自体はホテル運営会社が行い、営業利益も同会社のものとなりますが、ホテルオーナーはリース料で収益を得ることができます。

ホテルオーナー視点でのリース方式のメリット・デメリットは次の通りです。

 

■メリット

・ホテルの経営状況に関係なく一定のリース料を得られる

・ホテル運営・経営に時間・労力を取られずに済む

・体力があれば短期間でのチェーン展開が可能

 

■デメリット

・ホテル経営が好調でもリース料は変わらない

・信頼できるホテル運営会社を見つけるのが難しい

 

リース方式はビジネスホテルで多く用いられており、代表的なホテルには東横イン・ホテルルートインなどが挙げられます。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

ホテルオーナーになる方法

ホテルオーナーになるには、上記いずれのタイプを選択した場合においても、ホテルの土地・建物の所有者となる必要があります。

ただし、漠然と物件を取得するだけではホテルオーナーとしての成功は難しいのが実状。

ここでは、ホテルを所有していない段階からスタートしてホテルオーナーになる具体的な方法についてご紹介します。ホテルオーナーになる方法を知りたい方はぜひ参考にして下さい。

 

ターゲット・コンセプト設定

ホテルオーナーになるには、物件を取得する前にターゲット・コンセプトを設定しておくことが重要です。例えば、以下のような項目です。

 

■ターゲット

・主な年齢層

・ビジネスマンor旅行客

・個人orカップル(夫婦)or家族

 

ターゲットを設定したら、ターゲットに合わせたコンセプトを設定していきます。

 

■コンセプト

・高単価路線or低単価路線

・ホテルのテーマ・特色

・自ホテルならではの強み

・サービス方針

 

ターゲット・コンセプトを設定しておくことで、自身がこれから保有するホテルの理想像が浮かび上がるため、満足度の高いエリア・物件の選定を行うことができます。

また、自身で運営を行うか否かに関わらず、ニーズに合致したサービスを提供することでホテル運営についてもスムーズに推進することが可能となります。

 

エリア・立地選定

ホテルを所有するにあたって、エリア・立地の選定は最重要事項です。なぜなら、エリア・立地によって集客力・競合性・稼働率といったホテル運営に関する多くの要素が決定づけられるためです。

先に決定したターゲット・コンセプトに基づき、以下のような情報を収集して、ホテルを建てるエリア・立地を慎重に精査しましょう。

 

・競合ホテルの状況(数・種類・規模)

・期待できる客層

・宿泊ニーズ

・交通利便性

・地域特性・周辺環境・人口

 

エリア・立地だけは後から変更することができないため、ホテル運営の理想像が見えるまで入念なリサーチを行いましょう。納得のできない点がある場合は、思い切ってホテルの所有を保留にする勇気も必要となります。

 

ホテル物件の確保

エリア・立地の条件を絞り込めたら、条件に合ったホテル物件を確保します。ホテル物件を手に入れる方法には、主に次のような方法が挙げられます。

 

・売り物件を購入する方法

・土地を購入してホテルを建設する方法

 

ホテル物件の確保には多額の資金が必要となるため、条件に合う物件があるのであれば、なるべく居抜き物件を狙うなどしてコストを低く抑えることが重要なポイントです。多少条件と離れた物件であったとしても、リニューアル・リノベーションを行うことで、十分に活用できるケースも多くあります。

具体的に物件・土地を探す方法には、以下のような方法があります。

 

・不動産会社に相談

・ポータルサイト・マッチングサイトで探す

・人脈を活用する

 

特別な人脈を持たないのであれば、不動産会社・インターネットを活用するのが現実的な方法となります。不動産情報は常に入れ替わるため、条件に合った物件があればすぐに確保できるよう、常にアンテナを張っておきましょう。

 

経営方式を決定

自身が望むホテル物件の確保まで完了したら、所有者という意味でのホテルオーナーにはなることができます。しかし、実際には物件を寝かせておくわけにはいかないため、先述のホテルオーナーの3つのタイプより、どのスタンスでホテルの運営を行うかを決定します。

所有直営方式のように自身も経営に関与するのであれば、開業後の運営・経営について検討していきます。

ホテルの運営・経営については別記事でご紹介していますので、併せてご参考下さい。

 

・ホテル運営とは?所有・経営との違いから運営形態について解説!

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

ホテルオーナーになるために必要な資金

ホテルオーナーになるためには、いかなる形態で運営を行うにしてもホテルを所有しなければ始まりません。

ホテルを所有・運営するには、どの程度の資金が必要となるのか目安を知っておきたい方もいるでしょう。

ここでは、現在ホテルを所有していない方を想定して、ホテルオーナーになるために必要な資金について解説します。

 

ホテル物件取得費用

ホテル物件を取得する際に必要となる資金について、ホテルを建設する費用・中古物件購入費用・中古物件のリフォームやリノベーションを行う費用をそれぞれ解説します。

 

■ホテルを建設する場合の坪単価相場

・木造:70万円~

・鉄筋コンクリート造:105万円~

・鉄骨造:125万円~

・鉄骨鉄筋コンクリート造:130万円~

 

100坪のホテルを建設する場合は、土地代に加えて7,000万円~1億3,000万円程度の建設費用がかかることとなります。

 

■中古ホテル購入費用

購入するホテルのエリア・立地・状態・規模によりさまざまな価格が設定されているため一概には言えませんが、数千万円~数億円程度の費用が必要となります。

 

■中古ホテルをリフォーム・リノベーションする際の費用相場

・内装:3,000万円~1億7,000万円

・外装:3,000万円~1億2,000万円

 

中古ホテル物件を改修して利用する場合においても、物件購入費用に加えて、規模・状態によりますが建築費に匹敵する多額の費用がかかります。

 

開業までに必要となる費用

オーナーとしてホテルを開業するためには、ホテル物件を確保するだけでなく、以下にご紹介するようなさまざまな費用が必要となります。

 

・設備・備品購入費用

・広告宣伝・販促費用

・人件費(運転資金として約半年分)

 

こちらのホテル規模や状況によりますが、500万円~1,000万円程度は見積もっておく必要があるでしょう。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

貸別荘オーナーになるのもおすすめ!

ホテルオーナーは多くの人々が憧れる魅力的なポジション。しかし、ホテルを所有・運営するための莫大な資本が必要となるため、参入障壁が非常に高いのがネックです。

オーナーとして物件を所持したいのであれば、近年注目を集めている宿泊施設「貸別荘」のオーナーを目指すのもおすすめです。貸別荘オーナーの魅力は次の通り。

 

・ホテルよりも小資本でオーナーになれる

・高いニーズが見込める

・経営・運営の自由度が非常に高い

 

自身のライフスタイルを反映したビジネスで収益を得られるのが、貸別荘の魅力です。

 

貸別荘のトータルプロデュース事業を行っている弊社では、物件の提案・デザイン・企画・施工・各種手続代行・周辺理解・運営準備・運営サポートまでワンストップで対応することが可能です。

オーナーとして貸別荘を所有したい方や自身も運営に携わりたい方は、ぜひご相談下さい。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

まとめ

ホテルオーナーと一口に言っても、経営・運営に携わるタイプや外部に任せるタイプなどさまざまなタイプがあることがわかりました。

もしホテルオーナーを目指すのであれば、自身がどのようなタイプにオーナーになりたいのかを明確に思い描いておくことが重要。将来的な目標やビジョンを持っていれば、ホテルオーナーとして成功できる確率も高めることができるでしょう。

オーナーを目指すのであれば貸別荘も非常におすすめであるため、興味のある方はぜひ弊社までご相談下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください