03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

空き家オーナー必見!おすすめの物件活用法・アイディアをまとめて紹介!

親や親族から空き家を相続したり、住宅を購入したけれども仕事の都合で住めなかったりと、空き家を所有する理由はさまざま。

現在空き家を所有しており、維持管理に頭を悩ませている空き家オーナーの方もいるのではないでしょうか。

当記事では、空き家を持ち続けるリスク、空き家の活用方法・アイディア、空き家の扱い方が分からない場合の対処法について解説しています。

空き家を有効活用したい方や、空き家を持ち続けるリスクを払拭したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

空き家を持ち続けるリスク

空き家は特定の用途に使用したり居住したりしなくても、ただ持ち続けるだけでさまざまなリスクを招きます。

ここでは、空き家を持ち続けることで生じる主なリスクについて解説します。空き家オーナーの方は、ぜひ確認しておいて下さい。

 

維持管理費がかかる

空き家は居住の実態がなく所有しているだけでも、固定資産税・都市計画税といった税金やメンテナンスのコストがかかり続けます。

固定資産税の標準税率は1.4%となっており、仮に評価額が2,000万円の空き家を所有している場合は、年間28万円もの税金を支払わなければなりません。

都市計画法による市街化区域に該当する場合は、固定資産税に加えて税率0.3%の都市計画税も支払う必要があります。

また、空き家を適切に維持管理し続けるには定期的な修繕・メンテナンスを行う必要があり、自身で行うことが難しい場合は業者に支払う費用も発生します。

このように決して安くはない維持管理費がかかり続けることが、空き家を持ち続ける大きなリスクです。

 

経年劣化が進みやすい

人の出入りが無くなった空き家は、人が居住している状態と比べて何倍もの速さで劣化が進みます。

劣化が進む主な理由には、以下のようなものが挙げられます。

  • 換気がされないことにより湿気がこもり、カビや木材の腐食を招く
  • 給排水管・ガス管が内部に付着したヘドロ・異物の乾燥・硬化により劣化
  • 害虫・害獣の発生により内部が傷む

経年劣化が進むと物件としての資産価値が低下するため、売却時の査定は安くなります。

また、別の用途に使用する場合にも、修繕やリフォームに多くの費用がかかることとなります。

経年劣化が進むと空き家を活用する場合においても売却する場合においても不利になるため、早めに対処法を考えておくことが重要です。

近隣とのトラブルを招く

空き家は適切に維持・管理がなされていれば良いのですが、放置してしまうと以下のようにさまざまなトラブルを招く要因となります。

  • 劣化・老朽化により景観を損ねる
  • 倒壊・破損により周囲に危険を及ぼす
  • 害虫・害獣が繁殖して近隣に迷惑をかける
  • いたずら・落書き・放火・不審者の侵入など犯罪の温床となる

空き家の所有者には管理責任が発生するため、トラブルを起こすと損害賠償を請求されたり行政処分を受けたりするリスクがあります。

そのため、早めに対処法を決めておくか、維持管理を怠らないことが重要となります。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

おすすめの空き家活用法・アイディア

空き家をただ所有しているだけでは、維持・管理の手間やコストがかかったりトラブルの火種となったりしますが、特定の用途に活用することでデメリットの払拭とメリットを同時に得ることができます。

ここでは、おすすめの空き家活用法・アイディアについて解説します。空き家の取り扱いに課題を抱えている方は、ぜひご参考下さい。

 

貸別荘運営

空き家がリゾート地・観光地等のロケーションが良いエリアに位置する場合は、貸別荘運営を検討してみるのもおすすめです。

貸別荘とは、貸し切りで別荘を利用することができる宿泊施設のことです。家族・旅行者・サークル活動・合宿・企業研修など、グループで宿泊施設を利用したい方から人気を集めています。

空き家を貸別荘とすることで、収益物件として宿泊料による収益を得ることができますし、利用者がいない期間はオーナー自身も別荘を楽しむことができます。

ビジネスと自身の楽しみを両立したいという空き家オーナーの方は、ぜひ検討してみることをおすすめします。

 

ゲストハウス運営

ゲストハウスとは、共有スペース・ドミトリーなどで施設内を共有して宿泊費を抑えていることや、宿泊客同士の交流が楽しめることが特徴の宿泊施設。

旅館業法による簡易宿所に分類されます。

外国人旅行客や若者から人気を集めているトレンドのビジネスであるため、ニーズが見込めることが大きなメリット。

収益用物件を運営してみたい方や、自身のこだわりを反映した宿泊施設を運営してみたい方は、空き家を活用してゲストハウスを運営するのもおすすめです。

 

民泊運営

民泊とは、一般の民家を観光客・旅行者・出張者等に有料で貸し出す宿泊ビジネスのことです。

ホテル・旅館よりも開業のハードルが低く、収益性も比較的高いため、近年開業する方が増えてきている人気のビジネスとなります。

空き家を民泊とすることで収益物件化することが可能となり、また収益物件として継続的な利益を出すことができれば、物件価値を高めることも可能です。

民泊は物件の清潔感・快適性が重視されるビジネスであるため、空き家の築年数が古い場合や劣化が目立つ場合は、大規模なリフォーム・リノベ―ションが必要となる場合もあります。

 

ハウスバードでは、貸別荘・ゲストハウスの企画・収益試算・事業戦略・サポートまで総合的なサービスを提供していますので、ご興味のある方はぜひご相談下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

 

賃貸経営

空き家を収益物件化するのであれば、賃貸経営もおすすめの選択肢のひとつです。一度入居者が決まれば、長期的に賃貸料としての収益を得られることが賃貸経営の大きな特徴。本来賃貸経営には物件確保に多額の資金が必要となりますが、空き家を活用することで初期投資を大幅に抑えて賃貸経営をスタートすることができます。

ただし、空き家の状態によっては賃貸物件としての価値を見いだすために修繕・リフォームを行う必要があり、劣化や損傷が激しい場合は費用が多くかかる場合もあります。また、電気・ガス・水道や物件・備品の故障・トラブルへの対処など、賃貸経営には貸主責任が発生する点にも留意しておかなければなりません。

 

セカンドハウス

近年ではライフスタイルの多様化に伴い、本拠地とセカンドハウスの二拠点生活を行う方も増えてきています。空き家でビジネスを行う予定がないのであれば、自身のライフスタイルに合わせたセカンドハウスとして活用するのもおすすめです。

セカンドハウスのメリットは、特定の目的のために物件をまるごと活用できる点。誰にも邪魔されることなく活動に集中することができます。

セカンドハウスの活用法としては、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 絵画・ゲームなど趣味に没頭する場所として
  • コレクションの置き場所として
  • 読書に集中する書斎として
  • 集中してデスクワークを行う仕事場として
  • 1人の時間を静かに過ごす場所として

ただ単に空き家を維持・管理するだけという状態に陥っている方は、ぜひセカンドハウスを検討してみることをおすすめします。

 

売却

現時点においても将来的にも空き家を活用する予定が無い場合は、売却を検討することをおすすめします。空き家を売却することで、維持・管理にかかる時間・コスト・労力は一切不要となり、空き家が引き起こすトラブル・リスクからも解放されます。資産価値が認められる空き家であれば、ある程度まとまった売却益を手にすることが可能です。

空き家は期間が経過するほど経年劣化により資産価値が低下し続けるため、売却するのであれば早めに決断することをおすすめします。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

空き家の活用法が分からない場合の対処法

空き家の活用方法には、上記でご紹介した通りさまざまな方法があります。

自身が保有している空き家をどのように活用すれば良いのか、またどのような活用法が適しているのか分からないという空き家オーナーの方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめとなる方法が、空き家活用や不動産の専門家へ相談することです。

知識・経験が豊富な専門家であれば、オーナー自身では気づかない空き家の価値・魅力を見いだすことが可能であり、また理想的な活用方法を提案することもできます。

経済的なメリットも大きく、空き家活用のリスク低減にも繋がるため、空き家の活用に迷っている方はぜひ専門家を頼ってみることをおすすめします。

弊社では、貸別荘・ゲストハウスの開業・運営について総合的なコンサルティング・サポートを提供しています。貸別荘・ゲストハウスの運営に興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

まとめ

空き家の活用方法・活用アイディアについてご紹介してきました。

空き家を持ち続けたり放置したりすることはリスクが伴うため、現在空き家を所有している方やこれから所有する予定のある方は、早めに活用方法・対処法を決めておくことがおすすめ。

自身のライフスタイルや意向に合わせて空き家を活用すれば、空き家のリスクをベネフィットへと転換することができます。

 

まずはお気軽にご相談を!

ハウスバードはこれまで、東京や京都をはじめ北海道や箱根、軽井沢など全国各地で「1日から貸せる家」をプロデュースしてまいりました。

物件の提案から宿泊施設のデザイン、施工、運営準備や顧客対応まで一貫して対応することで、余分なコストを抑えるだけでなく、収益性の高い宿泊施設作りも実現してまいりました。

弊社では、貸別荘・ゲストハウスの企画・収益試算・事業戦略・サポートまで総合的なサービスを提供していますので、ご興味のある方はぜひご相談下さい。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください