03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

新築で別荘を建てるなら平屋がおすすめ!メリット・魅力・人気の理由について解説!

新築で別荘を建てる際に多くの方が迷うのが、どのような設計・建築手法を採用すれば良いのかという点です。

近年では平屋がブームとなりつつある傾向にあり、新築で別荘を建てる方の多くが平屋を選択しています。

当記事では、平屋別荘のメリット・魅力・人気の理由から、平屋で別荘を建てる際の注意点、平屋別荘にぜひ取り入れたい設備までをご紹介しています。

これから新築で別荘を建てたいという方は、ぜひご参考下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

平屋とは?

平屋とは、日本国内で古くから用いられてきた1階層の建物・1階建ての建物のことです。

2階建ての住宅が主流となってからやや時代遅れのイメージが定着していましたが、現平屋ならではのメリットが再注目されつつあり、現代では住宅・別荘の建築手法として徐々に人気が高まってきています。

実際に、高級住宅地や高級別荘地においても、平屋の建物がオシャレな物件・高級な物件として扱われるケースも増え続けてきています。

 

平屋の別荘の魅力・メリット・人気の理由

新築で別荘を建てるのに平屋を選択する方が増えているのは、平屋別荘ならではの魅力・メリットがあるためです。

ここでは、平屋別荘が高い人気を集めている理由・注目されている理由について解説します。

 

開口部(窓面)をとりやすい

平屋の別荘は、二階建ての別荘のように上階を支える必要が無く、柱や壁の構造をシンプル化できるため、開口部(窓面)を大きく取れることが大きな特徴です。四方に大きな窓面を配置することで、採光・換気に優れた別荘ならではの建築デザインを実現することができます。

明るく開放的な居住空間からは、周囲の美しい自然の風景を心ゆくまで楽しむことができるでしょう。周囲のロケーションの良さを存分に堪能できることも、平屋で新築の別荘を建てる方が多い大きな理由となっています。

 

大胆なデザインが可能

平屋建築は、上階の荷重を支える必要が無いため、設計の自由度が非常に高いことが大きな特徴です。個性的で大胆なデザイン・間取りを採用しやすく、希望通りの別荘を設計・建築しやすいことが大きなメリットとなります。

天井の高さ・屋根の形状等、細部に至るまで自身の希望を反映することが可能です。

 

導線をシンプルに設計できる

平屋別荘は上下階での移動が無く、全ての部屋・設備を同一階で設計するため、生活導線をシンプルに設計できることも大きなメリットです。

建物内の各導線も短くて済みますし、階段の設置を考慮する必要が無いため床面積を広く使え、床下面積も大きく削減することができます。年齢を重ねた後のことを考え、フラットなデザインの別荘バリアフリーの別荘も容易に設計することが可能です。

また、平屋別荘はリビング中心で過ごす生活導線を設計することが基本となるため、人と人との距離が近くなりコミュニケーションが活性化するというメリットもあります。

 

冷暖房の効率が高い

平屋別荘は、二階建て別荘のように上下階での空気の移動が無いため、冷暖房の効率が非常に高いことが大きなメリットです。

暖房器具で温めた空気が上階へ流れたり、冷房器具で冷やした空気が下階に溜まったりしにくくなります。階層による温度差が無いため温度調整も行いやすく、不要なスペースに冷暖房を行うこともないため光熱費の削減にもなります。

寒暖の厳しい地域の別荘においても、平屋で建築しておくことで快適に過ごすことができるでしょう。

 

強度・安全性が高い

平屋別荘は構造上建物の強度を高く保ちやすく、また建物の高さが低く重心も低いため、地震・強風といった災害に対して強いという特徴を持ちます。

建物に揺れや衝撃が加わってもダメージが少ないため、外壁にクラックが生じるリスクも低減することができます。

一度コストを投じて建築した別荘は長く愛用するものであるため、堅牢性・安全性が高いことは大きなメリットでしょう。

 

周囲の自然・地面と近い

平屋建築は地面・地上との接地面が多いため、周囲の自然・地面と各部屋との距離が近く、別荘地ならではの美しい自然・風景を満喫できることが大きなメリットです。

特にロケーションに恵まれた立地である場合には、平屋建築で別荘を建てることでその恩恵を余すところなく享受することができます。

住宅地とは異なる別荘地ならではの自然・地面との触れ合いを楽しみたいのであれば、平屋建築の別荘が断然おすすめです。

 

移動・掃除・管理を行いやすい

平屋は1階部分に部屋・設備・備品など建物に必要な機能が集約されているため、移動・掃除・管理の負担が少ないことも大きなメリットです。

小さな子どもやご高齢の方も無理なく過ごすことができますし、物件のメンテナンスも少ないエネルギーで短時間で済ませることができます。

別荘は日常的に暮らすマイホームとは異なり住居としての効率性・利便性を重視する必要が無いため、平屋で建てた方がより多くのメリットを享受することができます。

平屋で別荘を建てる際の注意点

平屋の別荘はメリットや魅力がたくさんありますが、いくつか注意しておくべき点もあります。ここでは、平屋で別荘を建てる際に意識しておくべき注意点について解説します。

 

坪単価は高くなる

平屋で別荘を建築すれば、二階建ての別荘よりも総建築費用は低く抑えることができるケースも多くあります。しかし、坪単価に関しては二階建て以上の建物を建てる場合と比較すると高くなる傾向にあります。理由としては、建物は基礎・屋根に多くの建築費用がかかるため、上階に積み重ねて床面積を多く確保した方が坪単価を安く抑えることができるためです。

こだわりのデザイン・間取りを採用するなど特殊な設計・工法を用いた場合は、総建築費用に関しても平屋の方が高くなる場合もあります。

平屋はリーズナブルであるというイメージを持っている方は、コストイメージに関して再認識しておいた方が良いでしょう。

 

広大な敷地が必要

平屋で別荘を建てる場合は、建物の全ての部屋を1階に集約しなければならないため、必然的に2階建てで建てるよりも大きな敷地面積が必要となります。建築上の問題だけでなく、周囲の自然・地面との接地面を大きく取れるという平屋ならではのメリットを活かすためにも、敷地にはゆとりを持たせることが重要なポイントです。

敷地面積の確保が難しい場合は、無理に平屋で別荘を建てることに固執しない方が良い場合もあります。

 

プライバシー・セキュリティの確保に工夫が必要

平屋の別荘は、居住スペース・導線が集約されているため、プライベート・プライバシーの確保が難しいことが大きなデメリットです。開口部を大きく取るデザインを採用するケースも多く外部から目につきやすいため、快適に過ごすには外壁・カーテンを工夫するなどのプライバシーを確保する対策が重要となります。

また、不審者や強盗は1階の窓から侵入する傾向があるため、窓が大きく広い敷地を持つ平屋の別荘はセキュリティリスクが高くなりやすいというデメリットもあります。安全性の確保は優先すべきであるため、多少外観は損なってでも防犯カメラ・空間センサーなどのセキュリティシステムの設置を行っておくことをおすすめします。

 

平屋で別荘を建てるなら取り入れたい設備

平屋で別荘を建てるのであれば、平屋の特性を活かせる設備を取り入れるのがおすすめです。

ここでは、平屋で別荘を建てる際にぜひ取り入れたいおすすめの設備についてご紹介します。

天窓

平屋別荘は、窓面を大きく取ることで明るく開放的なデザインが可能であることが大きな特徴であり魅力です。その長所を最大限発揮するのであれば、天窓を設置して採光をたっぷり取り入れた空間デザインを検討してみるのもおすすめです。

横からだけでなく上部からも明るい日差しが差し込むことで、建物全体を明るく照らすことができます。自然光で十分な明るさを確保できるため照明の利用を低減可能であり、建物中心部に日が当たりにくいという平屋のデメリットを払拭することも可能です。

平屋別荘の快適性・デザイン性を高めるためにも、ぜひ天窓の設置は検討してみることをおすすめします。

 

テラス

周囲の自然・地面と触れ合える平屋別荘ならではのメリットを活かすためにも、ぜひ設置しておきたいのがテラスです。

単なるエクステリアとしてではなく、実際に食事や趣味を楽しめる大きなテラスを設置するのが、平屋別荘の魅力・メリットを際立たせる大きなポイント。リビングとテラスを一体化させることで、空間を大きく演出することも可能です。

コストもさほどかからないため、平屋で別荘を建築するのであればぜひ設置を検討しておくことをおすすめします。

 

中庭

敷地の広さを活かして周囲の自然や地面との触れ合いを楽しめるのが平屋別荘のメリット。しかし、建物の床面積が広すぎるとそのメリットを十分に活かしきれない場合があります。

そのような場合は、中庭を取り入れた設計デザインがおすすめ。建物の中心部に中庭を配置することで、床面積が広めの別荘においても、別荘内のどこからでも自然を感じ取ることができます。

 

プライベートプール

平屋別荘をリゾート感あふれる贅沢な空間に演出したい方は、プライベートプールの設置を検討してみるのもおすすめです。

泳いで運動不足を解消したり、心身をリフレッシュしたりと、プール本来の楽しみ方を満喫できるのはもちろん、涼しげな雰囲気を演出したり、プールサイドでくつろいだり、ライトアップしてエレガントな雰囲気を演出したりと、いつでも気ままにリゾート気分を満喫することができます。

高額なコストが必要となりますが、別荘を大幅にランクアップできる設備であるため、リゾート好きな方は検討してみる価値は十分にあります。

 

暖炉・薪ストーブ

暖房効率の良い平屋別荘では、暖房設備として暖炉や薪ストーブを取り入れるのもおすすめです。別荘の雰囲気を引き立たせてより特別な空間へと演出できるだけでなく、暖房設備としてもしっかりと機能してくれます。

近年では薪ではなくバイオエタノール燃料を使用した暖炉を設置することも可能であるため、機能性・利便性を重視する方はぜひ検討してみることをおすすめします。

貸別荘の運営に興味がある方は

新築で別荘を建てるなら、自身が貸主となって貸別荘を運営するという選択肢もおすすめです。

単に別荘を所有する場合と異なり、以下のようなメリットがあります。

 

・自身の趣味・嗜好を反映した別荘でビジネスができる

・維持管理費がかかる贅沢品を所持するのではなく収益物件化できる

・頻繁に手入れ・換気を行うことで物件が傷みにくくなる

・自身も好きな時に好きなだけ利用できる

 

弊社では、貸別荘の総合的なコンサルティング・サポートを提供しています。新築平屋で貸別荘を所持・運営してみたい方の相談にももちろん対応可能です。

貸別荘運営に興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

まとめ

平屋で別荘を建てるメリット・注意点からおすすめである理由までをご紹介してきました。

現在新築で別荘を建てる方の多くが平屋を好んで選択しているのには、平屋という建築手法が理想的な別荘を実現するのに非常に適しているためです。

周囲の自然環境を活かすことができますし、オリジナリティあふれるデザイン・間取りを実現することもできます。

デメリット面さえ払拭できれば、新築で別荘を建てるには断然平屋建築がおすすめと言えるでしょう。

これから別荘を建てたいという方は、ぜひ当記事も参考にして、理想的な物件と生活を手に入れて下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください