03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

軽井沢で別荘を建てるならどこのエリアがおすすめ?ランキング形式で別荘地を紹介!

軽井沢は全国的にも名を知られた屈指の別荘地。

高地に位置することから避暑地として高い人気を誇ります。

そんな軽井沢で別荘を建てたい方や別荘用の土地を購入したい方もいるのではないでしょうか。

軽井沢の別荘地は広大で、エリアごとに特徴・特性・価格などが異なるため、別荘を建てるのであれば事前に把握・検討しておくことがポイント。

当記事では、軽井沢で別荘地を選ぶポイントから、別荘地としての各エリアの特徴までをご紹介していきます。

軽井沢どのエリアに別荘を建てれば良いのか迷っている方や、別荘地としての特徴を知りたい方は、ぜひご参考下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

軽井沢とは?

軽井沢とは、長野県の東端・群馬県との県境に位置する国内屈指の高原リゾート・別荘地・観光地です。標高1,000m前後の高原であることから避暑地として非常に高い人気を誇り、シーズンには著名人・有名人も多く訪れることでも知られています。

江戸時代は宿場町・明治時代には外国人向けの避暑地として栄えてきた歴史があり、美しい自然景観・観光スポット・レジャースポットも満載。富裕層・有名人が好んで別荘を所有する高級別荘地としても広く認知されています。

 

軽井沢で別荘地を選ぶポイント

軽井沢と一口に言っても、別荘地として活用されているエリアは非常に広く、エリア内でも特徴・特性が異なります。そのため、別荘地を選ぶ際には以下にご紹介するようなポイントを押さえておくことが重要。

軽井沢で理想的な別荘地を選びたい方は、ぜひご参考下さい。

 

目的を明確化する

別荘地を選ぶにあたって最も重要なポイントは、別荘を利用する目的を明確化することです。どのような目的で別荘を利用するのかによって、同じ軽井沢の別荘地においても最適な選択は変わってくるためです。

以下のように、できるだけ多くの利用条件についてまずは洗い出してみましょう。

 

・自宅からのアクセス方法は?

・利用頻度は?

・主な過ごし方は?

・長期滞在or短期滞在?

・使わない時期の維持管理の方法・コストは?

 

具体的な別荘の利用イメージが固まるほど、自ずと理想的な別荘地についても定まってくるはずです。

 

周辺環境・利便性もチェック

別荘地を選ぶ際には、エリア・土地・物件の良し悪しだけでなく、周辺環境・利便性についても細かくチェックしておくことがポイントです。実際に別荘に滞在する際には、周辺の商業施設・レジャースポットの充実度や交通アクセスが滞在中の生活にダイレクトに影響してくるためです。

特に、長期間別荘に滞在する場合や高頻度で別荘を利用する場合においては、周辺環境・利便性の影響度も大きくなるため、できるだけ条件の良いエリア・土地・物件を選ぶことが重要となります。

 

コストをチェック

軽井沢はエリアによって土地・物件の価格が大きく異なるのが特徴です。同一エリア内においても見晴らしの良い高台の物件と平地の物件では価格が大きく異なります。最も高級なエリアである旧軽井沢エリアでは、都心と変わらない価格が付けられている物件も珍しくありません。

有名なエリア・人気のエリア・駅に近いエリア・利便性の高いエリアであるほど価格も高くなる傾向にあるため、別荘地を選ぶ際には価格面について徹底的に比較検討・精査を行うことが重要となります。また、別荘の維持・管理の労力やコストについても考慮しておく必要があります。

軽井沢の別荘地ランキングを紹介!

軽井沢は大きく分けて5つのエリアに分かれており、それぞれのエリアで特徴が異なります。

満足度の高いエリア選定を行うためには、各エリアの特徴を把握しておくことがポイント。

ここでは、軽井沢の5つの別荘地エリアをランキング形式でご紹介していきます。

 

旧軽井沢

旧軽井沢は、軽井沢の北東部に位置する古くから別荘地として用いられている歴史の長いエリアです。軽井沢のなかでもトップクラスに地価が高く、知名度・ブランド力も圧倒的。売りに出されることも少なく、販売される土地・物件はすぐに売れてしまう軽井沢屈指の人気エリアです。

旧軽井沢は軽井沢町のなかでも特に湿度が高く、苔むした庭園を有する別荘が非常に多いのが大きな特徴。リゾート感あふれるいかにも高級別荘地といった独特の雰囲気を持ちます。

 

南ヶ丘・南原

南ヶ丘・南原は、旧軽井沢の南側に位置する、軽井沢町では旧軽井沢に次いで地価が高いエリアです。

国道18号と18号バイパスの間に位置することからアクセス性も抜群。商業施設へのアクセスも良好であり、平坦な地形・閑静な雰囲気・過ごしやすい気候から別荘地としてだけでなく定住地としても高い人気を誇ります。

軽井沢に別荘を持つ方の間では御用達となっている「グルメ通り」と呼ばれるレストラン街が位置するのもこのエリアとなります。

資金にゆとりが無ければ難しいエリアとなりますが、別荘地特有の喧騒を避けて、静かな雰囲気のなか快適な別荘生活を送りたい方には非常におすすめです。

 

中軽井沢

中軽井沢は、商業施設・生活施設が集中する軽井沢町の生活の中心地です。エリア中央を走る国道18号線を境に北エリア・南エリアに分けられ、北エリアは自然景観・観光スポット・温泉が充実しており、南エリアは生活関連施設が充実しているのが特徴。北エリアは別荘地として人気が高く高級別荘地に分類される場所も多数、南エリアは主に移住・定住を検討している方から注目されています。

利便性・交通アクセス・環境の充実度等を優先する方にはおすすめのエリアです。

 

南軽井沢

南軽井沢は、軽井沢の南部に位置する自然豊かなエリアです。ゴルフの名門コースが多数存在しており、軽井沢らしい木々が立ち並ぶ美しい景観が大きな特徴です。

中心部のように商業施設は充実していませんが、シーズン期間中でも渋滞に巻き込まれることもなく、上信越自動車道の碓氷軽井沢インターから約10.分と車でのアクセスも良好。比較的土地の価格も安めであることや、雰囲気が静かで落ち着いていることから近年人気を集めています。

現在開発が進められているエリアでもあるため、他のエリアよりも穴場の土地を見つけやすいという特徴もあります。

 

追分

追分は、軽井沢の最も西部に位置するエリアです。かつて五街道のひとつである中山道の12番目の宿場町である追分宿があったことから追分と呼ばれています。

軽井沢は全体的に湿地帯や小川が多く湿度が高いのが魅力ですが、同時に別荘所有者や移住者の悩みの種でもあります。追分エリアは軽井沢のなかでも水はけがよく湿度が低めで過ごしやすく、他のエリアのように渋滞が発生することも無いため、非常に過ごしやすいことが特徴。中心部ほどではありませんが商業施設や生活関連施設も充実しています。

軽井沢のなかでは郊外に位置するエリアですが、そのぶん土地の価格は安めであるため、土地にかかるコストを落としたい方にはおすすめのエリアです。

軽井沢で別荘を購入したい方は

軽井沢は全国的にも人気の高い別荘地であるため、土地の価格が非常に高額。物件の維持・管理にもコストが必要であるため、単に所有するのみでは金銭的負担が重くのしかかります。そこでおすすめとなるのが、軽井沢で貸別荘を運営するという選択です。

別荘の貸し出しを行うことで収益物件化することができるため、収益を得ながら別荘を維持・管理することが可能。人気の別荘地であることから多くのニーズも見込めます。

また、自身でも好きなタイミングで別荘を利用することができます。

 

軽井沢で貸別荘の運営を検討している方は、収益試算・エリア選定・物件デザイン・企画までトータルプロデュースが可能な弊社までぜひご相談下さい。不動産価値を最大化するベストなプランをご提案致します。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

まとめ

軽井沢の別荘地としての特徴・魅力からエリアごとの特色についてご紹介してきました。

古くから別荘地・避暑地として知られる軽井沢は、現代においてもそのブランド力・人気の高さは継続中。別荘を持ちたい人々からの憧れの対象となっています。

軽井沢で別荘を所有するのであれば、エリアごとの特色や土地の価格を徹底的に比較することが重要なポイントとなります。

軽井沢で自身が別荘を所有するだけでなく貸別荘オーナーとして多くの人々を迎え入れたい方は、ぜひ弊社までご相談下さい。

 

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください