03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

地方創生におけるメリット・デメリットとは?

「地方創生ってよく聞くけど具体的にはどういうことなの?」

「地方で事業を行うメリット・デメリットって何?」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

現在、日本では人口減少や東京への一極集中化が問題になっています。

こうした問題の中で、いかにして地方を活性化させていくのかが求められているのです。

本記事では、地方創生の目的や地方で事業を行うメリット・デメリットについてご紹介していきます。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

 

地方創生とは?

「地方創生」とは、各地域の持つ特徴を生かして自律的かつ持続可能な社会づくりを目的として2014年の第2次安倍内閣において取り決めされた政策です。

地方の人口減少を抑え、地域の活性化を目的として「まち・ひと・しごと創生法」が施行されています。

 

地方創生の3つの目的

内閣によって設けられた「まち・ひと・しごと創生本部」を主体として、以下のような点の改善を目標に掲げています。

・東京一極集中の是正

・地方財政・サービスの安定

・地方産業の強化

 

現在、進学や就職による地方から東京圏への転入は年々増加し続けています。一方、日本全体では出生率や出生数は減少傾向にあり、2050年代には日本の人口は1億人を割ってしまうと予想されており、喫緊の課題といえるでしょう。

地方では人口流出による空き家の増加なども大きな問題になっています。

こうした人口減少の抑制策として東京一極集中の是正が求められているのです。

 

また、高齢化社会の到来により、地方財政への影響も大きくなっています。

地方の人口減少による税収の減少、高齢者増加による社会福祉費用の増加は大きな問題です。例えば、北海道夕張市は、税収の基盤であった炭鉱の閉山や人口の減少によって2006年には財政破綻が起きています。

2021年には、京都市も深刻な財政難に陥っており、このままでは2028年に財政破綻する恐れがあると報道されました。

地方財政の破綻が起きてしまえば、その地域に住む人々は公共サービスの提供が受けられず、支出が増大する可能性も高いです。

地方創生は、このような事態を防ぐためにも、地方自治体による安定した財政基盤やサービス維持も目的といえるでしょう。

 

都心部への人口流出が問題となっていますが、要因の1つとして地方産業の衰退が挙げられます。

地方では、後継者不足による事業が維持できないといったケースや企業の営業所・工場移転による働き口の減少も少なくないでしょう。

こうした既存産業の強化や地方における新たな産業の創出といった地方に住みながらも安定した労働機会を生み出せるようにするのも地方創生の目的となっています。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

地方で事業を行う3つのメリット

「地方創生」による地方の人口減少抑制や産業の強化が現在の日本において必要な施策であることをご紹介しました。

では、実際に地方で事業を行ううえではどのようなメリットがあるでしょうか。

ここでは、地方で事業を行う3つのメリットについて以下の通りご紹介します。

・ブランドイメージとES向上につながる

・コスト削減と地方人材活用が可能になる

・企業のリスク分散にもつながる

 

ブランドイメージとES向上につながる

ブランドイメージとES向上につながる点は地方で事業を行うメリットといえるでしょう。

 

近年では、企業における「CSR(Corporate Social Responsibility)=社会的な責任を果たす企業活動」が求められています。企業としての目先の利益だけでなく、地方創生にも取り組んでいる姿勢を見せるのはブランドイメージの向上につながりやすいです。

 

また、テレワークの推進など働き方改革が進んでおり、多様な働き方の提供によru

「ES(Employee Satisfaction)=従業員満足度」の向上も期待できます。

例えば、テレワークの推進は遠距離通勤を求められている従業員の負担軽減や地方移住を希望する従業員への新たな働き方の提供につながるでしょう。

結果的に従業員満足度向上やエンゲージメントの強化、離職率の低下につながり、業績にも寄与する可能性が高く、メリットといえるのです。

 

コスト削減と地方人材活用が可能になる

コスト削減と地方人材活用が可能になる点も地方で事業を行うメリットといえます。

 

首都圏で事務所や店舗を構える場合、毎月の地代家賃などのコストも高くなるケースが多いです。一方、地方の場合、首都圏と比べると地代家賃も安く、低コスト化が図れます。

事業の継続性を高めるには、毎月のランニングコストを抑えるのが重要なポイントといえるでしょう。

また、首都圏は優秀な人材が集まる傾向が強く、その分優秀な人材の争奪戦によって人件費も高コスト化しているといえます。

とはいえ、地方にも優秀な人材は数多く残っています。地方であれば首都圏と比べても家賃などの生活コストも低いです。地方の優秀な人材を活用することで、人件費コストを抑えながらも有効的に人材を活用できるでしょう。こうした点は地方で事業を行うメリットといえるのです。

 

他にも、地方で事業を行うなど、地方創生・地域活性化に積極的な企業は地方自治体からの協力も得やすくなります。

政府や地方自治力の助成金交付・優遇措置を受けられるケースも多いです。企業にとっては大きなメリットといえるでしょう。

 

企業のリスク分散にもつながる

地方で事業を行うメリットとして、企業のリスク分散にもつながる点もあげられます。

企業には、緊急事態の発生時に被害を最小限に抑え、問題なく事業を継続できる体制を整えておくことが求められています。

例えば、首都圏に本部機能を全て一極集中してしまうと地震などの災害発生によって事業継続が難しくなるケースも考えられるでしょう。

一方、地方などの複数拠点に機能を分散させておけば万が一の場合でも事業を継続できる可能性が高くなります。

このように企業のリスク分散にもつながる点は、地方で事業を行うメリットといえるのです。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

地方で事業を行うデメリット

地方で事業を行うメリットについてご紹介しました。

では、地方で事業を行うデメリットにはどういった点が考えられるのでしょうか。

ここでは、地方で事業を行うデメリットについてご紹介します。

・顧客や取引先とのコミュニケーションに影響が出る

・地方移住を望まないケースも

・インフラ整備が不十分な地域も少なくない

 

顧客や取引先とのコミュニケーションに支障が出る

顧客や取引先とのコミュニケーションに影響が出る点は地方で事業を行ううえで最大のデメリットといえるでしょう。

首都圏に本社を構える企業の場合、地方に移転してしまうと、これまでの調達・販売・採用などのスキームが利用できず、再構築する必要が考えられます。

これまでに培われてきたスキームが利用できなくなると事業の継続にも大きな影響を及ぼす可能性も高いです。そのため、一部機能を残しておくなどの対策を考えたうえで検討するようにしましょう。

また、顧客や取引先とのコミュニケーションにも影響が出る可能性は高く、事前にシミュレーションを行い不都合がないような工夫が必要となります。

 

地方移住を望まない従業員もいる

地方移住を望まない従業員がいる点もデメリットといえるでしょう。

会社の方針に対して、全ての従業員が納得するとはいえません。

 

地方移住を望まない場合には、退職するといった選択肢を取られる可能性も高いです。

首都圏から地方への移転を行うという場合には、地方移転後のビジョンの明確化や従業員との意思統一を図れるかどうかがポイントといえるでしょう。

 

インフラ整備が不十分な地域も少なくない

インフラ整備が不十分な地域も少なくありません。

インフラ整備が整っていないために、業務に支障を来たすケースも考えられるでしょう。

 

現在、インターネット環境の普及によって地方であっても仕事がしやすい環境が整いつつあります。しかし、光回線や5Gといったインフラ整備は都心部が優先されてしまうため、地方によっては事業を行いたくても難しく断念せざるを得ないケースも考えられるでしょう。

 

このような点は地方で事業を行ううえでデメリットといえるのです。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

まとめ:地方創生に役立つ事業モデルを検討しよう

本記事では、地方創生の目的やメリット・デメリットについてご紹介してきました。

東京への一極集中化を抑え、地方の人口減少防ぐためには、地方での既存産業の強化や新たな事業創出が求められています。

また、現在は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から飲食・観光業界のみならず、さまざまな業界へ影響が出ています。

このような観点からも地方創生に役立つ事業モデルを検討する必要があるといえるでしょう。

 

こうした地方創生に役立つ事業モデルとして貸別荘・コテージ運営事業が注目されています。

貸別荘は、ワーケーション需要の増加やテレワークの推進などから利用が増加しており、収益性も高い事業といえます。

また、古民家や空き家物件を改装し貸別荘として貸し出せば、地域の空き家活用にもつながるだけでなく、観光需要への対応など地方創生に役立つ事業モデルといえるのです。

 

本記事で紹介した内容を参考にして、地方創生に役立つ事業モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

 

貸別荘・コテージ運営で地方創生を!

ハウスバードはこれまで、東京や京都をはじめ北海道や箱根、軽井沢に限らず、観光地でないような地域を含む全国各地で「1日から貸せる家」をプロデュースしてまいりました。

物件の提案から宿泊施設のデザイン、施工、運営準備や顧客対応まで一貫して対応することで、余分なコストを抑えるだけでなく、地方に集客できる基盤となるような宿泊施設作りも実現してまいりました。

弊社では、貸別荘・コテージの企画・収益試算・事業戦略・サポートまで総合的なサービスを提供していますので、ご興味のある方はぜひご相談下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください