03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

田舎暮らしを始めたい!中古別荘の選び方を解説

田舎暮らしを始めるなら中古別荘はいかがでしょうか?

田舎暮らしの魅力と難点をお伝えするとともに、中古別荘を選ぶポイントも解説します。

ぜひ、憧れの田舎暮らしの参考にしてください!

 

 

田舎暮らしの魅力と難点とは?

 

田舎暮らしにはさまざまな魅力がある一方、きちんと計画して選ばなければ失敗するリスクもあります。

まずは基本的なところから解説します。

 

田舎暮らしの魅力

  • のんびりマイペースで暮らしていける
  • 水や食べ物が美味しく、空気もキレイ
  • 山や海、川など自然の中でのびのびと暮らせる など

 

時間に追われることなく「やりたいときに、やりたいことができる暮らし」は憧れですよね。

澄んだ空気と美味しい水、新鮮な山や海の幸を堪能できるのも田舎暮らしの魅力です。

山ではトレッキングや紅葉、海では魚釣りやダイビング、川ではバーベキューやキャンプ、湖ではカヌーやラフティングなど、大自然の中で遊ぶことも日常です。

田舎暮らしでは、これらを思う存分満喫することができるでしょう。

 

田舎暮らしの難点

  • 移動手段が少ない
  • 人付き合いが苦手な方は難しい
  • 自然が猛威を振るうこともある など

 

多くの魅力がある一方、こうした点は田舎暮らしの難点といえる部分かもしれません。

とはいえ車があれば移動に困ることはありませんし、人付き合いといっても普通にコミュニケーションが取れれば十分でしょう。

別荘地などは特に、ほかの土地から移り住んできた方が多いはずです。

移住者同士、心も通じやすいのではないでしょうか。

豪雪や河川の氾濫など、自然災害は避けようがありません。

ですが、そうしたリスクが低いエリアを選ぶことで危険性を低くすることは可能です。

 

田舎暮らしを望む方は本当に増えている?

  • リタイア後はのんびり暮らしたい
  • 自分の趣味に没頭できる環境がほしい
  • 大自然の中で人間らしく生活したい など

 

一例ですが、こうした想いから実際に田舎暮らしを希望する方は増えているといわれています。

日本は都市部への一極集中化が顕著な国です。

都市部に暮らす方々はたしかに経済的な恩恵を受けられるかもしれません。

ですがその反面、多くの問題も抱えています。

狭い住宅事情や、すし詰め状態の満員電車、災害発生時の移動の困難性などです。

政府の地震調査委員会が「30年以内に70%の確率で発生する」と予測している首都直下型地震もあります。

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症など、目に見えない不安もつきまといます。

そうした背景も、田舎暮らしを始めようとする方が増えている理由のひとつでしょう。

 

 

とにかくやることが多い別荘探しを効率化し、自己利用と収益化を両立する方法はこちら▶

要件整理、エリア選定、物件選定、デザイン間取りの打ち合わせ、施工監理etc とにかく別荘購入には手間がかかります。さらに、それぞれの工程で抑えておくべきポイントは様々です。そこで、別荘を購入するまでの流れを各ポイントごとに「別荘さがしマニュアル」で解説しています。

個人向けに多くの別荘地で、別荘をプロデュースしてきたハウスバードだから分かる、別荘探しのノウハウや落とし穴を解説しています。別荘探しのノウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

田舎暮らしに中古別荘をおすすめする理由

田舎暮らしを始めるなら、中古別荘がおすすめです。

その理由を解説します。

 

中古別荘をおすすめする理由

  • 魅力的な中古別荘が比較的安く手に入る
  • 購入前に周辺環境や状態を確認できる
  • すぐに住み始めることができる
  • 自分好みにリフォームできる
  • 自分や家族の趣味を充実させられる
  • 好きな環境でスローライフを送れる など

 

エリアなどにもよりますが、中古別荘であれば魅力的な物件も比較的手頃な価格で手に入りやすいというメリットがあります。

住む前に周辺環境や建物の状態を確認できるのもメリットでしょう。

日当たりや交通の便、使い勝手や設備の状態も把握できますし、実際にそこで暮らすイメージも湧きやすいです。

そもそも別荘地であるくらいですから、買い物やレジャーなどの施設がそろっていたり、自然災害のリスクがほかと比べて低かったりすることも考えられます。

「田舎暮らしを始めたい」と思ったときに、すぐに始められるのも中古別荘の魅力ですよね。

 

田舎暮らしを始めるための準備について

田舎暮らしを始めるにあたり、中古別荘を探す前に準備しておくことがあります。

たとえば次のようなことです。

 

「何をしたいか」を明確にする

漠然と、田舎暮らしをしてみたいから、という動機だけで計画してしまうと後悔するかもしれません。

住んでみて思っていた暮らしと違うと感じても、簡単には後戻りできないためです。

「夫婦そろって夢だった自家菜園を作ってみたい」

「釣りざんまいの暮らしがしたい」

「ゴルフやキャンプなどアウトドアで遊び尽くしたい」

「子どもや孫が病気なので住環境を変えたい」

「喧騒から逃れて山奥でひっそり暮らしたい」

など具体的な動機および目的からじっくり計画を立てることが大切です。

 

「どんな暮らし方」をしたいのか明確にする

田舎暮らしといっても、その暮らし方はさまざまです。

中古別荘を購入して完全に住居を移すという方もいれば、ひとまず現状維持で週末や連休だけ田舎暮らしを楽しみたいという方もいるでしょう。

あるいは1年のうち数カ月などの長期滞在を考えている方もいるかもしれませんね。

それにより準備する資金や仕事の調整、家族の状況なども変わってきます。

暮らし方もイメージしておきましょう。

 

 

とにかくやることが多い別荘探しを効率化し、自己利用と収益化を両立する方法はこちら▶

要件整理、エリア選定、物件選定、デザイン間取りの打ち合わせ、施工監理etc とにかく別荘購入には手間がかかります。さらに、それぞれの工程で抑えておくべきポイントは様々です。そこで、別荘を購入するまでの流れを各ポイントごとに「別荘さがしマニュアル」で解説しています。

個人向けに多くの別荘地で、別荘をプロデュースしてきたハウスバードだから分かる、別荘探しのノウハウや落とし穴を解説しています。別荘探しのノウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

田舎暮らし用の中古別荘を選ぶときのポイント

目的や暮らし方がはっきりしたら、いよいよ田舎暮らしの実現に向けて中古別荘を探していきましょう。

もちろん「好きな環境であること」「お気に入りの物件であること」「予算の範囲内であること」なども重要です。

ですが実際に選ぶときは、それ以外にも次のようなポイントに目を向けましょう。

 

自宅からのアクセスはどうか

住居を移す方は別ですが、週末や連休中だけ利用したい方、年に数カ月などの長期滞在を考えている方などは、自宅からのアクセスを重視しましょう。

憧れていたはずの田舎暮らしでも、行きにくい場所にあれば通うのが面倒になってしまうかもしれません。

何度も通える場所か、将来的に住居を移してもよいと思える場所かなどは、購入前に確認しておきましょう。

 

維持費はどれくらいかかるのか

中古別荘の購入費用以外にも、光熱費や上下水道代、インターネットや電話代、雪の多いエリアであれば除雪費用なども必要です。

庭の手入れや不在時の管理費用、温泉付きなら利用料などさまざまな維持費がかかってきます。

また中古別荘を取得すれば固定資産税といった納税義務も生じますし、劣化した設備などのメンテナンス費用も必要になります。

これらを含めて維持費がいくらになるのか、考慮しておくことが大切です。

 

そのエリアの気候を把握しておく

海に近ければ塩害、山間部であれば雪害など、そのエリアによって気候や想定されるリスクが異なります。

建物の傷み具合などにも影響してきますので、エリアの特色をよく把握しておくことも大切です。

 

関東近辺で田舎暮らしをするなら?中古別荘のおすすめエリアを紹介

田舎暮らしのイメージは湧いているものの、場所が絞りきれないという方もいるでしょう。

中古別荘のおすすめエリアを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

軽井沢

日本でも屈指の高級別荘地、軽井沢には魅力的な中古別荘も数多くあります。

自然が豊かである一方、レジャーやショッピングなど各施設も充実しており、東京から新幹線で通えるなどアクセスも良好です。

ステータスとしても申し分ない軽井沢は、田舎暮らしにぜひおすすめしたいエリアです。

 

房総

東京から1時間ほどの距離にあるのが房総エリアです。

太平洋を一望できるビーチもあれば果樹園もあるなど、自然が豊かなエリアです。

マリンスポーツを存分に楽しめますし、新鮮な海の幸も味わえます。

 

八ヶ岳・蓼科

標高2,000mの山々が並ぶ八ヶ岳、平均標高1,000mを超える蓼科は、避暑地として人気です。

年間通して暮らしやすく、四季折々の自然を感じられるのも大きな魅力です。

東京から高速で2時間程度とアクセスもよく、週末だけ田舎暮らしをしたい方にもおすすめです。

 

伊豆・熱海・箱根

東京から新幹線で1時間程度と、こちらもアクセス抜群のエリアです。

海、山、川すべてそろっているなど、大自然の中でのんびり暮らすにはピッタリではないでしょうか?

もちろん、伊豆や熱海、そして箱根といえば温泉も楽しみですよね。

 

那須・塩原

澄んだ空気と緑に囲まれながら田舎暮らしをしたい方には、那須・塩原エリアもおすすめです。

温泉が豊富なほか、周辺にはショッピングやレジャーなどの施設もそろっています。

東京から新幹線で約70分というアクセスのよさも魅力ですね。

 

一例ですが、まだまだ関東近辺には東京からも通いやすい別荘地がたくさんあります。

魅力的な中古別荘も多数販売されていますので、ぜひじっくり探してみてください!

 

 

とにかくやることが多い別荘探しを効率化し、自己利用と収益化を両立する方法はこちら▶

要件整理、エリア選定、物件選定、デザイン間取りの打ち合わせ、施工監理etc とにかく別荘購入には手間がかかります。さらに、それぞれの工程で抑えておくべきポイントは様々です。そこで、別荘を購入するまでの流れを各ポイントごとに「別荘さがしマニュアル」で解説しています。

個人向けに多くの別荘地で、別荘をプロデュースしてきたハウスバードだから分かる、別荘探しのノウハウや落とし穴を解説しています。別荘探しのノウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

中古別荘を取得して憧れの田舎暮らしを始めよう!

今回は田舎暮らしを考えている方に向けて、その魅力や難点、中古別荘がおすすめの理由や必要な準備などを解説してきました。

まずは「目的」「暮らし方」を明確にしましょう。

それにより、どういったエリアで探せばよいかが見えてきます。

あとは維持費を含めた予算をしっかり組むことと、実際に中古別荘を見て具体的な田舎暮らしをイメージできれば、夢にかなり近づくのではないでしょうか?

 

軽井沢や伊豆・熱海など高級別荘地でも、魅力的な中古別荘が比較的安く手に入りやすくなっています。

ぜひ憧れの田舎暮らしを実現させてください!

 

 

別荘の購入は自宅用の物件を購入する場合よりも自由度が高く、様々な要素を選択する必要があります。特に、エリア選定やデザイン間取りの打ち合わせなどには、専門家との視点が必要になります。

参考程度ですが、以下は弊社が別荘を購入検討している方からご相談を受けた内容の一部です。

  • 「温泉がある別荘がいいけど、どのぐらい費用がかかるの?」
  • 「◯◯万円の予算で考えているけど、別荘は建てられる?」
  • 「サウナ作りとかガーデニングとかもしたいけど庭を持てる別荘地はどこ?」
  • 「維持管理費用にはどのぐらいかかるの?」
  • 「使用しない間に第三者に別荘を貸し出すことってできますか?」

要件整理、エリア選定、物件選定、デザイン間取りの打ち合わせ、施工監理etc とにかく別荘購入には手間がかかります。ハウスバードでは、多くの別荘プロデュースを行ってきたノウハウを元にご相談を受け付けております。「別荘って貸せるの?」「ローンは組めるの?」など簡単な質問からでも受け付けております。ぜひご相談ください。

別荘さがしの無料相談はこちらから▶

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください