03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

ゲストハウス開業資金の調達に必要な事業計画書とは?概要・作成方法・記入項目について解説!

ゲストハウスはホテルや旅館と比べると低コストで開業できる宿泊ビジネスですが、開業時には500~1,500万円程度の資金が必要となります。

全額自己資金で用意することは難しいため、不足分は融資を受けることが一般的です。

事業計画書とは、ゲストハウス開業時の資金調達ならびにビジネスの実現に重要となる書類。

当記事では、事業計画書の概要・必要性・重要性から、ゲストハウスの事業計画書の必要項目・作成方法の例をご紹介していきます。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

事業計画書とは

事業計画書とは、事業者が取り組む事業の内容・方向性・行動計画をまとめた計画書のことです。

取り組む事業の詳細について内外のステークホルダーに明示するために作成されます。事業計画書には、大きく分けて以下の3つの目的があります。

 

事業内容・計画・行動を明確化するため

1つめは、事業者自身が事業内容・計画・行動等について明確化するためです。

詳細な事業計画書を作成する過程で、事業に対する思考を整理してまとめることができるため、事業の立ち上げ・推進をスムーズに進めたりより良い判断を行ったりすることが可能となります。

 

人材確保のため

従業員やビジネスパートナーといった人材の確保には、事業全容ならびに特徴・魅力を伝えて共感を得る必要があります。

事業について詳しくまとめられた事業計画書があれば、人材を確保する際の説得材料とすることができます。

 

金融機関から資金を調達するため

事業を立ち上げる際に資金調達を行う場合は、金融機関の担当者に事業の実現性・信頼性・将来性等についてアピールを行い、融資実行の判断をもらう必要があります。

不確かな事業計画を伝えても融資を得ることはできませんが、現実的かつ詳細なプランが記載された事業計画書を提出することで、融資が実行される可能性を高めることができます。

 

ゲストハウス事業においても、多くの事業者は開業資金を確保するために資金調達を行う必要があります。

スムーズに融資を受けるためにも、また自身が運営する事業を見つめ直すためにも、現実的かつ詳細な事業計画書を作成しておくことが重要です。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

ゲストハウスの事業計画書の項目・作成方法

上記の通り事業計画書はゲストハウスの事業計画を具体化する書類であるため、網羅的かつ詳細に作成することがポイントです。

ここでは、ゲストハウスの事業計画書の作成方法・作成項目について解説します。

 

事業概要

事業概要とは、事業ならびに事業計画書の内容を1ページにまとめたものです。読み手が概要を読めば事業の全体像が理解・把握できるように記載します。

金融機関から融資を受ける場合においては、担当者に事業の全体像を伝えると同時に事業計画書に関心を持って読み進めてもらう重要な役割を果たすため、ただ端的に内容をまとめるだけでなく興味を惹くように書き方を工夫することがポイントとなります。

 

会社概要

会社概要では、ゲストハウスを運営する事業者・事業母体の概要について記載します。

資本金・所在地・従業員数・理念・方針等を具体的に記載して、誰がゲストハウスを運営するのかを明確にしておくことが重要です。

代表者ならびに創業メンバーの経歴・資格といったプロフィールも記載しておくと、事業実現性・本気度のアピールに繋げることもできます。

 

事業内容

ゲストハウスの事業内容の全容について記載します。

どの市場で誰に対してどのようにサービスを提供していくのか、同事業の特徴・魅力は何であるのかを詳細に説明します。

融資担当者がゲストハウス事業についてイメージしやすいように、既存のモデルケースを例にあげたり、写真や補足資料等を用いたりして、分かりやすく記載することがポイントです。

 

市場調査

市場調査では、ゲストハウスを開業するエリアにどれだけの市場規模があるのかを調査して記載します。

自治体等が公開している観光統計等の調査資料も活用して、調査内容に説得力を持たせることがポイントです。

市場規模だけでなく、開業エリアの政策の動向・観光産業の動向など集客の見通しに繋がる情報も記載しておくと更に説得力を高めることができます。

 

競合調査

競合調査では、ゲストハウスを開業する予定のエリアの競合数・競合性について調査した情報を記載します。同業者であるゲストハウスだけでなく、ホテル・旅館等の宿泊施設に該当するものを含めた調査結果を記載しておくことがポイントです。

競合の存在・動向は事業実現性に大きな影響を及ぼすため、自ゲストハウスの主観的な情報を記載した市場調査だけでなく競合調査の情報も記載しておくと、融資担当者に納得してもらう判断材料となります。

 

顧客

自ゲストハウスがターゲットとする顧客層を記載します。市場調査・競合調査の結果をもとに、根拠をもってターゲット選定を行うことが重要となります。

スモールビジネスであるゲストハウスで幅広い顧客層を網羅的に対応するのは現実的ではないため、ターゲット顧客を絞り込むことがポイントです。

 

事業戦略

事業戦略では、ターゲティングした顧客層に対してどのように販売していくのかという実行戦略を記載します。戦略の立案方法にはさまざまな手法がありますが、有名なマーケティング実行戦略のフレームワークであるマーケティングミックス(4P)を活用するのがおすすめです。

 

・Product(製品)

どのようなゲストハウスを作るのか

・Price(価格)

価格(宿泊料)はいくらに設定するのか

・Place(流通)

集客・販売のチャネルはどうするのか

・Promotion(プロモーション)

どのような手法で自ゲストハウスに興味を持ってもらうのか

 

マーケティングミックスは、汎用性が高く実践的でわかりやすいフレームワークであるため、融資担当者にも事業戦略をスムーズに伝えることができます。

 

事業計画

ゲストハウス事業をどのようなスケジュールでどのように進めていくのかという計画を記載します。事業計画には、大きく分けて次の2点を記載することがポイントです。

 

・準備のスケジュール

資金獲得・工事・備品の準備・販促といった準備を行う時期、開業までのタイムスケジュールを記載。

・開業後のスケジュール

開業後にどのようなスケジュールで経営・運営を行っていくのかを記載。売上目標も含めて月間・四半期・半期・年間ごとにスケジューリング。

 

事業計画は事業に対する本気度・実現可能性が大きく現れる項目であるため、融資担当者の評価に繋げるためにも詳細かつ具体的に作成しておく必要があります。

 

人員計画

人員計画では、ゲストハウスの運営に携わる人員の詳細について記載します。必要人数・業務内容・割り振り・時期に合わせた増減・人員確保の方法など、事業規模・事業内容に合わせた現実的・具体的な計画を作成しておくことがポイントとなります。

 

改修計画

ゲストハウスを開業するにあたっては、確保した物件にリフォーム・リノベーションを施し、宿泊施設としての価値・魅力を向上させることが重要となります。

改修計画では、どのような物件に対してどのようなリフォーム・リノベーションを行っていくのかという計画を記載します。

図面等の詳細な資料も用いて、企画・設計・施工までのプロセスを具体的に示しておくことがポイントです。

 

想定リスク・リスクヘッジ手法

ゲストハウス運営で想定されるリスクとその対処法について記載します。融資担当者は事業実現性について厳しく評価するため、事業の障壁となるリスクについては必ずチェックされます。

融資担当者の懸念を払拭できるように、できるだけ想定されるリスクを漏れなく洗い出し、誰もが納得できる具体的なリスクヘッジ方法を用意しておくことが重要です。

 

収支計画書

収支計画書とは、事業の収支計画の詳細を記した書類です。事業計画書とは別の書類となりますが、これから自身が行う事業に必要な資金とその流れを把握するためにも、金融機関の審査に通過するためにも、必ず作成しておくべき重要な書類となります。

収支計画書では、大きく分けて損益計算書とキャッシュフロー計算書の2種類を作成する必要があります。

 

・損益計算書(PL)

事業の収益・費用・利益を記載した書類です。自身のビジネスが何にいくらの費用を使ってどれだけの売上があがりどのくらいの利益を残せたのかを把握するために作成します。事業計画の段階では「見込み」で2~3年分を作成します。

 

・キャッシュフロー計算書(CF)

現金の増減ならびにその理由について記載した書類です。本来は現金の流れを把握する決算書類ですが、事業計画の段階ではキャッシュフローのシミュレーションを2~3年分ほど行ったものを作成します。

 

上記2点は金融機関の担当者の判断に大きな影響を与える書類であるため、つい無理な計画や誇張した計画を作成してしまいがちです。しかし、相手は膨大な数の書類をチェックしているプロであり、嘘やごまかしは通用しません。逆に心証を悪くしてしまう場合もあるため、収支計画書については現実的な数字を記載するようにしましょう。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

まとめ

ゲストハウス事業は、事業計画書を作成する段階から既にはじまっています。

詳細な事業計画書を作成するのには多大な時間と労力を要しますが、細部まで具体的に突き詰めることで、ビジネスの成功確度も融資審査を通過する可能性も高めることができます。

しかし、事業計画書の作成は専門的な知識も求められるため、初めて作成する方にはややハードルが高い点は否めません。

弊社では、ゲストハウスの総合的コンサルティング・サポートを提供している弊社では、収益試算・マーケティング・リサーチといった側面から、クオリティの高い事業計画書の作成をサポートすることが可能です。

ゲストハウスの事業計画・収益試算について課題を抱えている方は、ぜひ弊社までご相談下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

 

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください