03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

那須の別荘が売れない?所有による手間や費用、コロナ禍による変化について

日本では少子高齢化が進んでいるということもあり、空き家問題が深刻化するなどしています。

そうした中で郊外の不動産は売却しづらくなっている傾向にあるようです。

これは人気のリゾート地である那須の別荘も例外ではありません。

本記事では、那須の別荘について所有するだけでかかる手間や費用についてお伝えすると共に、新型コロナウイルスにより起こっている変化について解説していきたいと思います。

地方の別荘が売れなくなってきている?

バブルの頃に購入した別荘を所有してきた方など、あまり利用していないので売却したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ここ数年で地方の別荘はあまり売れなくなってきている傾向にあるようです。

これは、温泉もあるリゾート地として人気の那須の別荘でも同じことです。

別荘を活用できていない場合、単に活用できていないということだけでなく、さまざまな費用がかかる点にも注意しなければなりません。

活用もしておらず、売却もできないとなると、ただ毎年これらの費用を支払っていかなければならない存在となってしまうのです。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

那須の別荘を所有することでかかる費用

那須の別荘を所有することでかかる費用には以下のようなものがあります。

・固定資産税
・家屋敷税
・共益費(管理費)
・水道光熱費
・温泉基本料
・各種保険料

それぞれについて見ていきましょう。

 

固定資産税

別荘に限らず全ての不動産で1月1日の所有者に対して課される税金です。

土地・建物の評価額に応じて課税額が決定されます。

土地に関しては、別荘地ということもありそこまで高い金額にはならないでしょう。

建物に関しては築年数の経過により少しずつ評価額と課税額が減少していきます。

新築時で10数万円程度、築年数が経つにつれて数万円程度になるのが一般的です。

 

家屋敷税

那須に住所を持たず、かつ那須に事務所や家屋敷を持つ個人に対して課されるもので、住民税の均等割が課されます。

具体的な額は住民税の均等割=年額5,700円(町民税3,500円・県民税2,200円)です。

なお、他人に貸し出す目的で別荘を所有している場合には課税されません。

(参照:家屋敷課税とは? 那須町役場 掲載日 平成29年9月15日 更新日 令和元年8月2日)

 

共益費(管理費)

別荘地特有のもので、道路や水道の開発や維持管理にかかる費用を別荘地所有者全員で負担するというものです。

土地の面積に応じた額となるのが一般的で、年間10万円程度かかるケースもあります。

 

水道光熱費

水道料金、電気料金、ガス料金などがかかります。

 

水道料金

地域にもよりますが、もともと水道が整備されていなかったエリアなどでは、別途負担金が発生するケースがあります。

また、基本的には郊外の土地では下水道が整備されていないことが多く、各戸に合併浄化槽を設置することが多いです。

合併浄化槽は毎年数万円程度の整備費用を支払わなければなりません。

 

電気料金

電気料金については別荘地だからといって特別に高額になるわけではありません。

冬場は寒くなることが予想され、暖房のための費用が高くなる可能性が高いですが、住んでいないケースでは大きな費用がかかることはないでしょう。

 

ガス料金

下水道と同様、別荘に限らず郊外では都市ガスが整備されていることはあまりありません。

都市ガスの整備されていないエリアではプロパンガスを設置してガスを利用します。

使用していれば定期的に交換する必要がありますが、住んでいなければ不要でしょう。

なお、オール電化住宅にしてしまえばガス料金自体不要となります。

 

温泉基本料

温泉は購入時に権利金を支払うのに加え、毎年一定額を支払う必要があります。

地域や物件によって異なりますが数万円程度はかかると考えていた方がよいでしょう。

 

各種保険料

別荘にもいつ火災や地震などの被害が及ぶか分かりません。

万が一のためにも火災保険、地震保険に入っていた方がよいでしょう。

これらの保険料についても、当然住んでいない場合でも毎年負担しなければなりません。

保険料は建物の評価額や保険の内容によって大きく変わります。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

使用しない別荘を所有していることによる管理の手間

また、費用面以外にも使用しない別荘を所有しているとさまざまな管理の手間が生じてしまいます。

具体的には以下のようなものです。

・土地に生える草の除去
・定期的に管理のために別荘を訪れる手間
・災害時の対応

それぞれについて見ていきましょう。

 

土地に生える草の除去

別荘を放置していると特に夏はどんどん草が生い茂ってしまいます。

草の生い茂った土地は見た目もよくなく、特にイメージの大切な別荘地においては近隣の方々への迷惑となってしまいやすいでしょう。

夏場は1~2カ月に1回は草刈を検討しなければなりません。

もちろん、業者に依頼することもできますが、別途費用がかかる点に注意が必要です。

草刈の手間を省きたければコンクリートで埋めてしまうのも一つの方法ですが、これも高額な費用が必要になるでしょう。

 

定期的に管理のために別荘を訪れる手間

草刈の他にも、建物は使用していないとどんどん荒れていってしまいます。

できれば、定期的に訪れてトイレの水栓を流すなどの簡単なメンテナンスをするとよいでしょう。

都内に住んでいるようなケースでは那須にいくために数時間程度の時間と、自動車や公共交通機関の料金を負担しなければなりません。

草刈以外の定期的なメンテナンスについても業者に代行して貰うことは可能ですが、こちらも費用が発生してしまいます。

 

災害時の対応

最近では首都圏でも台風等による災害が多く起こっています。

また、冬場には雪の影響で被害を受けることもあるでしょう。

こうした災害時には別荘が壊れないかどうかという問題もありますが、仮に適切に管理できていないことが原因で、近隣の住宅や住民に被害を及ぼしてしまった場合には、損害賠償請求される可能性があります。

その場合、先程ご紹介し年間の維持費とは比べ物にならない費用を支払わなければならない可能性もあるでしょう。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

新型コロナウイルスにより別荘人気が高まる

少子高齢化が進んでいることもあり、空き家問題が深刻化していますが、郊外の別荘もこの影響を受けて売れづらくなっているのが現実です。

中には、業者に無料で引き取ってもらいたいと掛け合っても断られてしまうケースもあるようです。

一方で、新型コロナウイルスにより別荘人気が高まっていることもあり、これまで売れなかった物件も売りやすくなっている可能性があります。

 

リモートワーク導入による郊外での生活

新型コロナウイルスによりリモートワークが推進されていることから、そうした企業で働く人達が都心ではなく、郊外で働きながら仕事をする生活様式を選ぶケースが増えています。

郊外の物件であれば、都心の物件と比較して安い額で広々とした部屋に住めるといったことが理由でしょう。

また、那須であれば、美味しい水や豊かな自然を感じながら生活することができます。

あまり高額での売却は期待できないかもしれませんが、ほとんど使用しておらず、毎年の維持費に苦労しているという方は、今一度売却や活用について相談してみてはいかがでしょうか。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

まとめ

那須の別荘について、所有することによる手間や費用、新型コロナウイルスによる変化についてお伝えしました。

別荘は通常の不動産より維持管理に費用がかかりやすいという側面があります。

そうした中、郊外の不動産が売れづらくなっている状況にあり、那須に別荘を持っている人で売れなくて困っているという方もいらっしゃるでしょう。

一方で、最近では新型コロナウイルスによりリモートワークが推進されていることもあり、郊外の不動産に注目が集まりつつあります。

那須に別荘を所有していて、過去、売れなかった経験があるという方も、一度売却や活用について相談してみてはいかがでしょうか。

 

「使っていない間に別荘を活用して貸したい」「別荘の維持管理のコストや手間を減らしたい」など、お悩みが増えやすい別荘所有。別荘活用のノウハウはなかなか一般化されておらず活用方法を調べるのも一苦労です。ハウバートは、軽井沢・箱根・京都など多くの別荘地や観光地で、「中古別荘の貸せる化プロデュース」を行ってきました。別荘活用や別荘売却にお悩みの方は、ハウスバード株式会社にぜひご相談ください。

参考程度ですが、以下は弊社が別荘活用に悩んでいる方からご相談を受けた内容の一部です。

  • 「中古別荘のリノベーションはどのぐらい費用がかかるのか」
  • 「持っている別荘をそもそも貸すことができるか知りたい」
  • 「相続した別荘をなんとかしたいがどうすればいいか知りたい」
  • 「別荘を買うだけでは節税できないと税理士に言われた」
  • 「使っていないシーズン中には別荘を貸して活用したい」

無料相談では、軽井沢・箱根・京都などの数多くの別荘地で、中古別荘を1日単位で貸せる別荘として活用してきたノウハウをもとにお悩みにお答えさせていただきます。「うちの別荘って貸せるの?」など簡単な質問からでも受け付けております。ぜひご相談ください。

別荘活用の無料相談はこちらから▶

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください