03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

別荘の建築に関する注意点とは?建築費や平屋別荘のメリット・デメリットなど

別荘の建築をお考えでしょうか。

別荘は予算や希望の別荘地ごとにいくつかの注意点があります。

本記事では、別荘の建築に関する注意点や建築費、別荘で人気の平屋建築のメリット・デメリットなどお伝えしていきます。

別荘の建築はローコストでも建てられる?

別荘について検索すると豪華絢爛な事例が多く見られることから、多額の費用が必要と感じる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、こだわった別荘を建てようと思えば費用は高くなってしまいますが、ローコストで建てることも十分可能です。

 

別荘はいくらくらいから建てられるの?

それでは、別荘はどのくらいの費用があれば建築できるのでしょうか?

これについては、どのくらいこだわった家を建てたいかにもよるでしょう。

また、夫婦2人、もしくはお仕事の合間に1人で楽しむような別荘であれば、面積も小さくて済みます。

その場合、素材や設備にこだわらなければ2,500万円程度からでも考えることは可能です。

一方、海の近くに別荘を建てるようなケースで、海側に大きく開いた窓をつけたいなど要望があるのであれば、その分費用は高くなってしまいます。

1年の内の1週間程度を家族全員で過ごしたいといった場合には寝室の数も必要で、それなりの広さが求められるでしょう。

 

建築費用は土地+建物+諸経費をシミュレーションしておく

別荘を建てるときに必要な費用は建築費だけではありません。

特に土地代については、別荘地ごと、また同じ別荘地でもエリアごとに坪単価が異なることもあるため、まずはどの別荘地のどのエリアで別荘を建てたいか検討することから始めるとよいでしょう。

土地にどのくらいの費用をかけるかによって、建物にかけられる費用も変わってくるはずです。

なお、別荘地によっては温泉使用料など特別な経費がかかることもあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

高原or海辺などどの別荘地に別荘を建てるかも重要なポイント

別荘を建築するにあたり、どの別荘地に別荘を建てるかも重要なポイントとなります。

実際には、エリアごとの特性を活かした別荘造りが重要になりますが、ここでは大きく高原の別荘地に建築するケースと海辺の別荘地に建築するケースを見てみましょう。

 

高原の別荘地に別荘を建てる場合の注意点

高原の別荘地に別荘を建てる場合には、以下のような点に注意するとよいでしょう。

・平坦地に建てるか傾斜地に建てるか
・湿気に注意
・寒さや雪への対策も重要

 

平坦地に建てるか傾斜地に建てるか

高原の別荘地で別荘を建てる場合は、平坦地に建てるか傾斜地に建てるかを検討する必要があるでしょう。

特に傾斜地に建てる場合は、建てられる住宅の形やサイズが制限される可能性もあります。

また、若い内はいいですが年を取ってから傾斜地にある別荘地で過ごすのが不便でないかも考える必要があります。

 

湿気に注意

地形によっては湿気がたまりやすい土地などもある点に注意しなければなりません。

特に北側など陽があたりにくい方角は湿気の影響でカビや苔が大量発生したり、湿気により建物の構造の老朽化が進みやすくなったりするなどの心配があります。

こうした場所に建てる場合には気密性の高い住宅にしたり調質機能のある素材を採用したりするなど湿気への対策が求められるでしょう。

 

寒さや雪への対策も重要

高原地域にある別荘では冬の寒さや雪への対策も求められることが多いです。

冬に過ごす予定がある場合はもちろん、そうでない場合も積雪で家がつぶれてしまうといったことのないよう設計しなければなりません。

こうした対策をすることで建築費が高くなる可能性もありますが、必要経費として見積っておくことが大切だといえます。

 

海辺の別荘地に別荘を建てる場合の注意点

次に、海辺の別荘地に別荘を建てる場合の注意点として以下のようなことが挙げられます。

・潮風でサビない素材を採用する
・強風に注意

 

潮風でサビない素材を採用する

海辺の別荘地に別荘を建てる場合、海からくる潮風に注意しなければなりません。

潮風は水分と塩分を含んでいるため、鉄を含む素材が長期間潮風にさらされるとサビてしまうのです。

海辺の別荘地で別荘を建てる場合は、できるだけサビにくい素材を使い、また定期的に真水で洗い流す必要があるでしょう。

そのため、家の周辺に数カ所外水栓を設けるなどしておくと掃除がしやすくなります。

 

強風に注意

また、海沿いは強風が吹くことも多い点に注意が必要です。

特に海辺で別荘を建てる場合、海が見える側に大きな窓をつける間取りにすることも多いでしょう。

一般的なペアガラスであればある程度の強風に耐えることができますが、強風でモノが飛ばされてくることも考えて、できるだけシャッターをつけるようにしておくのがおすすめです。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

別荘は平屋が人気?平屋の別荘を建てるメリット・デメリット

戸建住宅を建築するとなると、都心に住んでいる人ほど2階建て、3階建てをイメージされることが多いのではないでしょうか。

もちろん、別荘でも2階建て以上の建物を建てるケースもありますが、平屋を建てたいと考えている方は多いようです。

ここでは、平屋の別荘を建てるメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

 

平屋の別荘を建てるメリット1:家の中で階段の上り下りがない

平屋の別荘であれば家の中で階段の上り下りをする必要がありません。

このため、特に高齢の方や今は若くとも将来を見越した別荘を建てたい方におすすめだといえるでしょう。

また、2階建てのように階段スペースを設ける必要がないという点もメリットになります。

 

平屋の別荘を建てるメリット2:家が広く感じられる

平屋の家は、間取りにもよりますが家の中を見渡すことができ、広く感じやすいというメリットがあります。

特にリビングに大きな窓を設けるような間取りにした場合、家全体が開放感のある別荘という雰囲気にすることも可能でしょう。

 

平屋の別荘を建てるデメリット1:広い土地が必要になる

一方、平屋の別荘にもデメリットはあります。

その一つが広い土地が必要になるという点。

とはいえ、この点郊外にあることの多い別荘地では比較的広めの敷地面積が確保されていることが多く、そこまで大きな問題とならないことも多いでしょう。

都心に住んでいると狭い土地の上に建物を建てなければならないことも多くなりますが、別荘地であれば余裕のある敷地に平屋を建てるという贅沢を楽しめます。

 

平屋の別荘を建てるメリット2:費用が割高になる

平屋のデメリットの2つ目として挙げられるのが2階建てを建てるのより割高になりやすいという点です。

家の費用は天井部分と基礎部分が高くなりやすく、同じ延床面積であれば平屋より2階建ての方が費用が安くなるのが一般的です。

とはいえ、先程お伝えした通り平屋は階段スペースが不要になるなど建物内を有効活用しやすいというメリットもあります。

間取り次第では、費用を抑えて広々活用しやすい平屋の別荘の建築を目指すことは可能でしょう。

 

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

まとめ

別荘の建築について、建築費についてやエリアごとの建築の注意点、平屋を建てる際のメリット・デメリットなどお伝えしました。

別荘というとこだわりの詰まった豪華な建物をイメージされることも多いかと思いますが、工夫次第で費用を抑えた建築も可能ですし、もちろん自分のこだわりを詰め込んだ別荘を建てることもできます。

本記事の内容を参考に予算やご自分や家族が希望の別荘地などイメージを固めていってみてはいかがでしょか。

 

「使っていない間に別荘を活用して貸したい」「別荘の維持管理のコストや手間を減らしたい」など、お悩みが増えやすい別荘所有。別荘活用のノウハウはなかなか一般化されておらず活用方法を調べるのも一苦労です。ハウバートは、軽井沢・箱根・京都など多くの別荘地や観光地で、「中古別荘の貸せる化プロデュース」を行ってきました。別荘活用や別荘売却にお悩みの方は、ハウスバード株式会社にぜひご相談ください。

参考程度ですが、以下は弊社が別荘活用に悩んでいる方からご相談を受けた内容の一部です。

  • 「中古別荘のリノベーションはどのぐらい費用がかかるのか」
  • 「持っている別荘をそもそも貸すことができるか知りたい」
  • 「相続した別荘をなんとかしたいがどうすればいいか知りたい」
  • 「別荘を買うだけでは節税できないと税理士に言われた」
  • 「使っていないシーズン中には別荘を貸して活用したい」

無料相談では、軽井沢・箱根・京都などの数多くの別荘地で、中古別荘を1日単位で貸せる別荘として活用してきたノウハウをもとにお悩みにお答えさせていただきます。「うちの別荘って貸せるの?」など簡単な質問からでも受け付けております。ぜひご相談ください。

別荘活用の無料相談はこちらから▶

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください