03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

太陽光発電事業で事業再構築補助金が利用しにくい理由を解説!事業再構築補助金を活用したおすすめ事業もご紹介!

 

 

 

「事業再構築補助金を活用して太陽光発電事業に利用したい」

「太陽光発電事業者が事業再構築補助金を利用できるか知りたい」

「事業再構築補助金を利用したおすすめの事業は何がある?」

コロナ禍事業者の支援策として注目されている事業再構築補助金。

上記のように太陽光発電事業に利用したいと考えている事業者も多いでしょう。

 

しかしながら、太陽光発電事業で事業再構築補助金を利用するのは難しいと考えられています。

一体なぜ利用しにくいのでしょうか。

本記事では、事業再構築補助金の概要や太陽光発電事業には利用しにくい理由について詳しくご紹介します。

併せて、事業再構築補助金を活用したおすすめの新事業もご紹介しますので、是非最後まで読んで自社の事業再構築にお役立てください。

 

 

太陽光発電事業だと事業再構築補助金が難しいのはなぜ?理由を解説!

冒頭でお伝えしたように、太陽光発電事業は事業再構築補助金を活用するのは難しいと考えられます。

中小企業の通常枠で補助金額最大6,000万円、補助率は2/3と高いため、新事業展開に活用したいと考える事業者様も多いでしょう。*

一体、なぜ太陽光事業の場合、事業再構築補助金の利用が難しいのでしょうか。

ここでは、事業再構築補助金が太陽光発電事業には利用しにくい理由について以下の通りご紹介します。

  • 実質的な労働を伴わない
  • 固定買取制度は対象外
  • 利用できる可能性もゼロではない?

*従業員数21~50人までの企業の場合

実質的な労働を伴わない

太陽光発電事業は、実質的な労働を伴うものではありません。

そのため、事業再構築補助金を利用するのは難しいと考えられるでしょう。

太陽光発電事業の場合でも掃除や除草作業といった作業もあると考えられますが、これらの作業自体が収益を生んでいるとは考えにくいです。

製造業を例にとると考えやすいでしょう。

製造業の場合、モノを作る際には従業員が機械を動かすなどの実作業が必要です。

一方、太陽光発電事業の場合、掃除や除草作業自体が収益を生んでいる訳ではありません。

こうした点からも太陽光発電事業が事業再構築補助金を利用しにくい理由として考えられるでしょう。

 

固定買取制度は対象外

固定買取制度が対象外である点も太陽光発電事業が事業再構築補助金を利用しにくい理由としてあげられます。

そもそも太陽光発電事業は、発電設備によって発電した電気を電力会社に買い取ってもらうのが基本的なビジネスモデルです。

特に太陽光発電事業の場合、固定価格買取制度を活用した事業展開が一般的でしょう。

しかし、事業再構築補助金の公募要領を見てみると「テーマや事業内容から判断し、(過去又は現在の)国(独立行政法人等を含む)が助成する他の制度(補助金、委託費、固定価格買取制度等)と同一又は類似内容の事業」は対象から除外されると記載されています。

この点からも太陽光発電事業では事業再構築補助金が利用しにくいと考えられるでしょう。

 

利用できる可能性もゼロではない?

太陽光発電事業が事業再構築補助金を利用するのは難しい理由をお伝えしました。

しかし、必ずしも事業再構築補助金を太陽光発電事業に利用できない訳ではありません。

 

太陽光発電事業であったとしても、固定価格買取制度を利用せずに事業を行う場合などには利用できる可能性もゼロではないでしょう。

しかしながら、基本的なビジネスモデルとして固定価格買取制度を利用するのが前提となっているケースがほとんどです。そのため、固定価格買取制度を利用しないビジネスモデルとして太陽光発電事業を行うものであっても実現可能性が低い計画であると判断されてしまうことが考えられます。

参考サイト:https://g-tech.tokyo/

 

一方、太陽光発電事業ではなく、太陽光発電に関する事業であれば、採択される可能性は充分に考えられるでしょう。

例えば、第3次募集においては「太陽光発電向け産業用バッテリーシステムの開発販売による新分野展開」といった内容で事業再構築補助金の採択が決定しています。

このように太陽光発電事業は難しいものの、太陽光発電に関連する事業は採択される可能性があるといえるでしょう。

 

事業再構築補助金を活用して始められるおすすめの新事業をご紹介!

太陽光発電事業が事業再構築補助金を利用するのは難しい理由をご紹介してきました。

では、太陽光発電事業以外に事業再構築補助金の活用した事業を始めるにはどういった事業がおすすめできるのでしょうか。

ここでは、事業再構築補助金を活用して始められるおすすめの事業をご紹介します。

 

コインランドリー事業

コインランドリー事業は、事業再構築補助金の活用に適した事業としておすすめできるでしょう。

コインランドリー事業は、開業するまでには店舗の建設費用や洗濯機・乾燥機などの機械設備が必要となるため、費用が高額になりやすい事業です。

しかし、補助対象として認められる経費の割合が大きいため、事業再構築補助金に適した事業と考えられるでしょう。

また、ノウハウがなくても始めやすい事業であり、既存事業との相乗効果が期待できます。

カフェに併設したり、ガソリンスタンドに併設したりすれば双方への来店が見込める可能性が高くなります。

よりオリジナリティのある事業計画を策定できれば、採択される可能性も高くおすすめできるでしょう。

 

グランピング事業

グランピング事業も事業再構築補助金の活用に適したおすすめ新事業としてあげられます。

密を避けられるアクティビディとして、近年のキャンプブームも手伝い、大いに注目されているのがグランピング施設といえるでしょう。

グランピングは自分自身で料理をしたり、宿泊したりといったアウトドア気分を気軽に楽しめるアクティビティの提供がサービス主体です。

そのため、初期投資は必要になるものの、他の宿泊業と比較しても手間がかかりません。

軌道に乗れば高い収益が見込めるだけでなく、広い敷地のない都市部でも自社ビルの屋上部分を利用すれば事業も可能であり、遊休不動産の活用も期待できます。

施設内で自社商品を販売するといった既存事業との相乗効果も期待でき、グランピング事業はおすすめ新事業といえるでしょう。

 

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)も事業再構築補助金を活用するのに適した事業としておすすめできます。

貸別荘事業の場合、建物の建設費用や改修、各種システム導入費用、広告宣伝費など、補助対象となる経費の割合が多いです。

そのため、自己資金を抑えたうえで始めやすい事業といえます。

 

貸別荘内で自社商品を販売したり、サンプル提供したりといった既存事業との高い相乗効果も見込めるでしょう。

貸別荘事業を始めるには、旅館業法をクリアしなくてはなりません。

宿泊業者でない場合は、旅館業法をクリアするところからスタートとなる点では障壁があるものの、現状では多くの事業者が参入していない分野です。

競争力に優れているといった大きなメリットがあります。

こうした点からも事業再構築補助金を活用した新事業として貸別荘事業はおすすめできる新事業といえるでしょう。

 

 

 

 

まとめ

本記事では、事業再構築補助金が太陽光発電事業には利用しにくい理由や事業再構築補助金を活用したおすすめの事業についてご紹介してきました。

事業再構築補助金は、補助金額も大きく、新たな事業展開に大いに役立てられる補助金です。

一方、太陽光発電事業には事業再構築補助金は利用しにくく、仮に事業計画を策定して提出したとしても採択される可能性は低いといえるでしょう。

事業再構築補助金を活用した新事業展開を考えるのであれば、太陽光発電事業ではなく、他の事業展開がおすすめです。是非、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

事業再構築補助金を活用した太陽光発電事業は、ほとんど情報がありません。

バケーションレンタル事業では、事業リスクをできるだけ下げ、本業とのシナジー効果が期待できます。

 

「事業を大きく転換するのは想像しにくいけど、事業再構築補助金は使いたい」

「事業再構築補助金は使いたいけど、結局どんな事業がいいのか分からない」

 

という方に向けて、バケーションレンタル事業の詳細についてまとめた資料を無料配信しています。

弊社の利回り実績や費用感、事業再構築補助金が不採択になる場合、バケーションレンタル事業のより詳細な魅力について総まとめしています。

下のダウンロードフォームから簡単にダウンロードできますので、今すぐフォーム入力をお願い致します。

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください