03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

別荘リフォームの流れや費用を解説!別荘ならではの注意点とは?

 

別荘のリフォームをご検討でしょうか。

別荘リフォームは一般的な住宅のリフォームと基本的には変わりませんが、別荘ならではの注意点があります。

別荘のリフォームを検討されている方は、ぜひ本記事の内容を参考になさってください。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

別荘をリフォーム!注意点は?

中古別荘を購入したり、所有している別荘が劣化したりした場合にはリフォームを検討することもあるでしょう。

別荘も一般の住宅と同じようにリフォーム可能ですが、別荘ならではの注意点もあります。

ここでは、別荘リフォームの注意点について見ていきましょう。

 

リフォーム前に劣化具合を確認

一般の住宅であれば、毎日人が出入りするため、自然と換気され、また住む人によって定期的に清掃されるものです。

しかし、別荘は1か月に1回や年に数回など、頻度は人それぞれですが、一般の住宅ほど長く人が滞在していません。

人が住まない家は劣化が進みやすいもの。

別荘リフォームを計画するときは、事前に建物がどの程度劣化しているか確認するようにしましょう。

 

特に中古別荘を購入したようなケースでは、元の持ち主がどのくらいの頻度で利用していたのか、過去にリフォームを実施したことがあるのかなど、聞き取りしておくことをおすすめします。

 

断熱性能を確認

一般の住宅は長く住むことを意識して、特に最近の住宅では断熱性能など高く設定されていることが多いです。

一方、別荘は一般の住宅ほど長く住まないことから、断熱性能が低いことも多いもの。

 

特に寒い地域にある別荘で、冬場に利用する場合は寒さを感じたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

薪ストーブなど、別荘ならではの風情を楽しむのもよいですが、快適に過ごしたいのであれば断熱リフォームを検討してみるのもよいでしょう。

ただし、断熱リフォームは高額になりやすいので、検討するのであれば早い段階で見積もりを取っておくことが大切です。

 

人気の天然素材の利用は慎重に

自然豊かなエリアで別荘を購入したケースでは、住宅の内装や外装を自然素材で統一したいといった思いがある方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、それ自体は問題ありません。

デザインとしても、自然豊かな環境にマッチしやすいといえます。

 

一方、自然素材の問題点として、劣化しやすいものが多いという点が挙げられます。

特に外装に自然の木材を採用するようなケースでは、リフォーム直後はよくても、数年でかなり劣化が進んでしまうケースが多いものです。

年に数回しか利用しない別荘なのに、数年で劣化してしまうのではもったいないですよね。

「経年劣化を楽しむ」という考え方もありますが、リフォーム会社の方とよく相談しながら決めていくことをおすすめします。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

別荘リフォームの流れ

ここでは、別荘リフォームの流れをご紹介していきます。

基本的には一般の住宅のリフォームの流れと考えて問題ありません。

具体的には、以下のようなものです。

・予算をまとめる

・家族の要望をまとめる

・業者に問い合わせ

・現地調査

・見積もり提案~契約

・工事着工~完了

それぞれ見ていきましょう。

 

予算をまとめる

まずは予算をある程度固めておきましょう。

リフォーム会社に提案されるまま、あれもこれも追加してしまっては、どんどん費用が高くなってしまいます。

特に、別荘は普段使いするものではありませんから、余裕資金の中から費用を捻出することをおすすめします。

 

家族の要望をまとめる

別荘を利用する家族の要望も聞きながら、プランをまとめていきましょう。

もちろん、別荘を自分一人で使うのであれば、自分一人の考えで進めてもよいでしょう。

この辺りは自宅のリフォームとは勝手の違うところです。

一方、家族と一緒に利用したいというのであれば、家族全員が楽しめる別荘になるよう、しっかり要望を聞いておくことをおすすめします。

 

業者に問い合わせ

資金計画と要望がまとまったら、リフォーム会社に問い合わせしましょう。

リフォーム会社を選ぶときは、別荘のリフォーム実績豊富な会社を選ぶのがおすすめ。

やはり、一般の住宅とは勝手が違う部分もあるため、経験のある会社の方がよいといえます。

 

現地調査

問い合わせ後に、業者が図面を確認したり、現地にいったりして調査を行います。

基本的には、調査に立ち会った方が、要望を細かく伝えやすいでしょう。

 

見積もり提案~契約

調査の後は、打ち合わせを行い、見積もり~契約となります。

見積もりについては、後で追加見積もりが発生することのないよう、工事内容にどこまで含まれているかをよく確認しておくようにしましょう。

 

工事着工~完了

契約後はスケジュールを調整し、工事着工~完了となります。

並行して、ローンで支払うのか、現金で支払うのかなど、資金関係の準備も進めておきましょう。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

別荘リフォームの費用相場

別荘リフォームにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここでは、リフォームの費用相場についてお伝えしていきます。

 

部位別リフォーム費用相場

部位別のリフォーム費用相場です。

もちろん、どのような工事をするかによって、費用は大きく変わりますが、まず、水回りのリフォームについては、概ね、以下のような費用を考えておくとよいでしょう。

・トイレ交換:30~45万円程度

・キッチン交換:50~90万円程度

・ユニットバス交換:90~120万円程度

 

また、内装リフォームの費用相場は以下のようなものです。

・クロス張替え:1,000~2,000円程度/㎡

・フローリング張替え:1~2万円程度/㎡

・間仕切り追加/撤去:10~15万円程度/箇所

 

その他、別荘でよくあるリフォームの費用相場は以下の通りです。

・断熱改修:300~400万円程度

・薪ストーブ設置:100~200万円程度

・ウッドデッキ設置:15~100万円程度

 

※価格は2020年時点のものであり状況により変動する可能性があります

 

それぞれ、どのようなリフォームを実施したいか、予算から考えて優先順位の高いものから検討していくのがよいでしょう。

 

【予算別】別荘リフォーム事例

次に、予算別の別荘リフォーム事例をご紹介していきたいと思います。

平米数にもよりますが、100平米弱程度、築25年の木造の別荘を例にご紹介していきます。

別荘は一般住宅に比べ面積が広いものが多いこと、自然環境に適応させなくてはいけないこと、痛みが激しい中古物件が多いことなどから、一般的な住宅戸建てに比べリフォームの費用が高くなる傾向があります。

 

・予算350万円の別荘リフォーム事例

まずは予算350万円の別荘リフォーム事例です。

350万円では大掛かりな工事はできませんが、内装関係の工事だけであれば、大抵のことはできるでしょう。

例えば、劣化の激しい部分のクロス張替えやフローリング張替えに加えて、型の古くなったトイレやキッチンの交換など考えられます。

ただし、水回り工事については全てを一度に行える予算額ではないため、優先順位の高いものだけ、といったことになる可能性が高いといえます。

 

・予算700万円の別荘リフォーム事例

予算700万円あれば、水回り関係を一通りリフォームすることが可能です。

クロスやフローリングに加え、トイレやキッチン、ユニットバスなど一通り交換すれば、内装は新築と変わらない仕上がりにすることが可能です。

 

・予算1500万円の別荘リフォーム事例

予算1500万円あれば、断熱改修など大掛かりな工事も可能になります、

内装に加えて、外装関係のリフォームを検討するのもよいでしょう。

 

・予算2000万円の別荘リフォーム事例

予算2000万円あれば、内装・外装含めて一通りのリフォームを実施することが可能です。

リフォーム後は、内装、外装共に新築に近い見た目に仕上げることも十分可能です。

もちろん、もともとの別荘の状態にもよります。

詳しくは、リフォーム会社と相談のうえ、工事を進めていくようにしましょう。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

まとめ

別荘リフォームについてお伝えしました。

別荘リフォームは、一般の住宅のリフォームと大きく変わることはありませんが、別荘ならではの注意しなければならないこともあります。

本記事の内容を参考にしながら、リフォーム会社を選ぶときは、別荘のリフォーム実績がある会社を選び、相談しながら進めていくことをおすすめします。

 

「使っていない間に別荘を活用して貸したい」「別荘の維持管理のコストや手間を減らしたい」など、お悩みが増えやすい別荘所有。別荘活用のノウハウはなかなか一般化されておらず活用方法を調べるのも一苦労です。ハウバートは、軽井沢・箱根・京都など多くの別荘地や観光地で、「中古別荘の貸せる化プロデュース」を行ってきました。別荘活用や別荘売却にお悩みの方は、ハウスバード株式会社にぜひご相談ください。

参考程度ですが、以下は弊社が別荘活用に悩んでいる方からご相談を受けた内容の一部です。

  • 「中古別荘のリノベーションはどのぐらい費用がかかるのか」
  • 「持っている別荘をそもそも貸すことができるか知りたい」
  • 「相続した別荘をなんとかしたいがどうすればいいか知りたい」
  • 「別荘を買うだけでは節税できないと税理士に言われた」
  • 「使っていないシーズン中には別荘を貸して活用したい」

無料相談では、軽井沢・箱根・京都などの数多くの別荘地で、中古別荘を1日単位で貸せる別荘として活用してきたノウハウをもとにお悩みにお答えさせていただきます。「うちの別荘って貸せるの?」など簡単な質問からでも受け付けております。ぜひご相談ください。

別荘活用の無料相談はこちらから▶

 

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください