03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

事業再構築補助金でグランピング事業はおすすめ?理由とおすすめ新事業をご紹介!

 

「グランピング事業を始める際に気を付けたいポイントを知りたい」

このように考えていらっしゃる事業者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今、コロナ支援の補助金事業として大きな注目を浴びている事業再構築補助金。

事業再構築補助金を利用して新事業を展開したいと考える事業者様も多くいらっしゃるでしょう。

本記事では、グランピング事業が事業再構築補助金と相性が良いといわれる理由やグランピング事業を始める際に気を付けたいポイント、おすすめの新事業をご紹介します。

是非、最後まで読んで事業の活用にお役立てください。

 

事業再構築補助金でグランピング事業がおすすめできる理由をご紹介!

事業再構築補助金は高い補助率と補助金額から注目されている補助金制度ですが、グランピング事業との相性が良い補助金といえます。

では、一体なぜ事業再構築補助金でグランピング事業がおすすめできるのでしょうか。

ここでは、グランピング事業がおすすめできる理由を以下の通りご紹介します。

  • 時代のニーズに合った事業展開が可能!
  • 既存事業との相乗効果が期待できる!
  • 軌道に乗れば手間が掛からない!

時代のニーズに合った事業展開が可能!

近年は、キャンプなどのアウトドアへの関心が高まっており、気軽にアウトドア気分を楽しめるグランピングは時代のニーズにあった事業としておすすめできるでしょう。

キャンプは自分たちでテントの設営から食材や道具を持ち込んで行うのが主流です。

一方、グランピングはテントやコテージ、シャワールーム、トイレなど生活に必要な設備が完備された状態で気軽にアウトドアを楽しめるイベントとして人気です。

事業再構築補助金を活用すれば、こうした設備の導入費用を補助金で賄えるため、自己資金を抑えながら時代のニーズに合わせた事業展開が可能となります。

 

既存事業との相乗効果が期待できる!

既存事業との相乗効果が期待できる点もおすすめできる理由としてあげられるでしょう。

例えば、自社の取り扱っている商品をグランピング施設内で販売すれば、グランピング施設利用者が自社商品を購入してくれるなど相乗効果が期待できます。

飲食店がグランピング施設内でレストランを開業したり、農業事業者が施設内で農業体験を実施できたりとさまざまな事業との親和性が高いのです。

事業再構築補助金の採択を受けるには、既存事業との相乗効果が期待できるかどうかも重要な要素とされています。

こうした点からも事業再構築補助金を活用した新事業としてグランピングはおすすめできるのです。

 

軌道に乗れば手間が掛からない!

グランピング事業は軌道に乗ってしまえばあまり手間がかからない点もおすすめできる理由といえます。

グランピング事業はホテルなどと同様に宿泊業といったくくりになるものの、事業者側の作業量が他の宿泊業よりも多くありません。

グランピングでは顧客が自ら料理をしたり、片づけをしたりといったアウトドア気分を楽しむものです。

そのため、事業を開始するまでは多くの準備が必要となりますが、一度軌道に乗ってしまえば手間を掛けずに安定した収益が期待できるビジネスモデルといえるでしょう。

 

グランピング事業を始める際に気を付けたいポイントとは?

グランピング事業が事業再構築補助金との相性が良い理由をご紹介してきました。

昨今のキャンプブームも後押ししているだけでなく、既存事業への相乗効果や手間がかからない点などからおすすめできる事業です。

但し、事業再構築補助金を活用してグランピングを始める際には、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、グランピング事業を始める際に気を付けたいポイントについて以下の通りご紹介しますので、それぞれ見ていきましょう。

  • 土地取得には事業再構築補助金は利用できない!
  • 台風などの自然災害には要注意!

 

土地取得には事業再構築補助金は利用できない!

土地取得には事業再構築補助金は利用できない点には注意が必要です。

新たにグランピング事業を開始しようと考える場合、土地から取得を検討するケースも考えられます。

しかし、事業再構築補助金では土地取得費用は補助対象となりません。

 

事業再構築補助金を受ける場合、補助金の対象となる経費は以下の通りとなっています。

  • 建物費用
  • 建物修繕費用
  • システム購入費用
  • 設備費用
  • 外注費用(加工や設計など)
  • 研修費用(人材の教育訓練費用など)
  • 技術導入費用(知的財産権導入に係る費用など)
  • 広告宣伝・販売促進費用

グランピング事業で考えると、建物費用や設備費用・広告宣伝・研修費用・広告宣伝・販売促進費用などが対象になると考えられます。

このように、補助金の対象となる経費を考えたうえで計画を策定する必要があるため、注意しておきましょう。

 

台風などの自然災害には要注意!

台風などの自然災害には要注意である点も気を付けておきたいポイントといえるでしょう。

グランピングは屋外でのアウトドア活動を楽しむものです。しかし、屋外活動であるが故、当然ながら台風などの自然災害に弱い事業といえます。

特にグランピングテントは強風には弱く、ひとたび台風が来れば簡単に飛ばされてしまうでしょう。また、場所によっては河川の増水による被害なども予想されます。

 

グランピング事業を始める場合には、こうした自然災害時の対策を想定したうえで事業計画を策定するようにしましょう。

 

 

事業再構築補助金を活用した3つのおすすめ事業!

 

グランピング事業がおすすめできる理由や気を付けておきたいポイントをご紹介しました。

では、実際に事業再構築補助金を活用したおすすめ事業にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

ここでは、おすすめの3つの事業をご紹介します。

グランピング事業

本記事でもご紹介してきたグランピング事業は事業再構築補助金を活用したおすすめの新事業といえるでしょう。

近年のアウトドア需要の高まりから、三密を避けられるアクティビティとして注目されており、軌道に乗れば大きな手間がかからないなどメリットも多い事業です。

都市部などの広い敷地が確保できないケースでも、自社ビルの屋上部分を利用した施設の整備や遊休不動産を活用した展開も検討できるでしょう。

既存事業との相乗効果も期待できるため、グランピング事業はおすすめできる新事業といえるのです。

 

コインランドリー事業

コインランドリー事業も事業再構築補助金を活用した事業としておすすめできるでしょう。

コインランドリー事業を始める場合には機械設備などが必要となりますが、補助対象となる経費の割合が大きく、新事業として向いているのです。

また、ノウハウがなくてもはじめやすい事業であり、既存事業との相乗効果が期待できる事業ともいえます。

例えば、小売店などに隣接してコインランドリー事業を開始すれば、双方の来店客の利用が期待できるでしょう。

こうした点からも事業再構築補助金を活用した新事業としておすすめできます。

 

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)もおすすめできる新事業といえます。

貸別荘事業を行なうには旅館業法をクリアしなくてはなりませんが、その分事業参入の壁が高く、一度参入してしまえば競争相手が少なく事業収益確保が期待できるでしょう。

また、建物の建築・改修、各種システム購入費用、広告宣伝等のプロデュース費用といった経費は補助対象となる経費です。

自己資金額を抑えつつ高い収益が見込める事業としておすすめできるでしょう。

こうした点からも貸別荘事業(バケーションレンタル事業)は事業再構築補助金を利用して始める新事業としておすすめできるのです。

 

 

まとめ

本記事では、グランピング事業が事業再構築補助金と相性が良いといわれる理由やグランピング事業を始める際に気を付けたいポイント、おすすめの新事業についてご紹介してきました。

グランピング事業は事業再構築補助金を活用した新事業として利用しやすいことが理解できたのではないでしょうか。

事業再構築補助金は、最大で6,000万円もの補助が受けられる補助事業であり*、コロナ禍による先の見えない状況を打破していくうえで是非とも検討したい補助金といえます。

本記事で紹介した内容を参考にして、是非活用してみてはいかがでしょうか。

*従業員数21~50人までの企業の場合

 

 

 

事業再構築補助金を活用したグランピング事業は、ほとんど情報がありません。

バケーションレンタル事業では、事業リスクをできるだけ下げ、本業とのシナジー効果が期待できます。

 

「事業再構築補助金は使いたいけど、グランピング事業などのリスクが少ない投資にしたい」

「事業を大きく転換するのは想像しにくいけど、事業再構築補助金は使いたい」

「事業再構築補助金は使いたいけど、結局どんな事業がいいのか分からない」

 

という方に向けて、バケーションレンタル事業の詳細についてまとめた資料を無料配信しています。

弊社の利回り実績や費用感、事業再構築補助金が不採択になる場合、バケーションレンタル事業のより詳細な魅力について総まとめしています。

下のダウンロードフォームから簡単にダウンロードできますので、今すぐフォーム入力をお願い致します。

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください