03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

千葉県でおすすめの土地活用5選!収益性や節税効果を重視するなら?

千葉県で使っていない土地をお持ちの方、土地活用を検討している方に向けておすすめの活用方法5選を、メリット・デメリットも交えながら解説します。

土地活用を成功へ導くためのポイントと併せてぜひ参考にしてください。

1.土地活用をおすすめする理由

そもそも、なぜ土地活用がおすすめなのか?その理由から解説します。

 

土地は所有しているだけで維持費がかかる

土地などの不動産は、ただ所有しているだけで「固定資産税」や「都市計画税」といった維持費がかかります。

何もしなければマイナスばかりが膨らんでしまうでしょう。

土地を何らかの形で活用することで、そうした維持費をカバーできるだけでなく、さらなる収益を手にすることも可能です。

 

土地活用をすることでさまざまなメリットが得られる

  • 収益が得られる
  • 税金対策になる
  • 地域に貢献できる など

 

使っていない土地を上手に活用して収益を上げられれば、将来への備えや財産にもなりますし、その収益を生かして新たなビジネスを始めることもできるでしょう。

また、たとえば賃貸住宅経営を選んだ場合、現金を建物などに換えることにより相続税評価額を下げられるといったことから、税金対策としても大変有効です。

さらに、その地域に暮らす人たちのニーズに合致した土地活用ができれば、地域にも貢献していることになります。

これらが、千葉県で土地活用をおすすめする大きな理由です。

2.千葉県で土地活用をする際に押さえておきたいポイント

上述のように、土地活用にはさまざまなメリットがありますが、だからといってどんな活用方法でもよいというわけではありません。

千葉県での土地活用で少しでも成功する可能性を高めるためにも、次のような特徴を把握しておくことが大切です。

 

千葉県の特徴とは?

年間観光入込客数は2億人に迫る

  • 平成25年:165,928千人
  • 平成26年:167,667千人
  • 平成27年:173,705千人
  • 平成28年:177,533千人
  • 平成29年:179,335千人
  • 平成30年:186,832千人
  • 令和元年:185,898千人
  • 令和2年:108,162千人

 

上記は過去8年間の観光入込客数です。

2億人の大台を突破する可能性があることがわかります。

令和2年こそ新型コロナウイルス感染症拡大の影響で落ち込みましたが、それでも1億人を超える観光客が毎年のように千葉県を訪れます。

これは千葉県の大きな特徴といえるでしょう。

 

令和元年の宿泊客数は2,000万人超

さらにその観光客のうち、宿泊する人の数は年間2,000万人を超えます。

このことからも、観光客あるいは宿泊客をターゲットにした土地活用方法という選択肢が生まれます。

 

県人口も着実に増えている

観光客数だけではありません。千葉県は大正9年の国勢調査以来、人口は増加の一途をたどっています。

平成23〜25年は減少に転じましたが、それ以降は再び増加に転じ、令和2年まで着実に増え続けてきました。

令和2年時点、千葉県の人口は628万4,480人で、全国でも6番目に多くなっています。

人口が多いということは、それだけ多様なニーズがあることを意味します。つまり土地活用の選択肢も広がるということです。

 

立地や地域の特性、ニーズをいかに的確に把握するかが成功のカギ

千葉県の特徴を示すデータを紹介しましたが、ただ漠然と何らかの方法で土地を活用する、という短絡的な考え方では失敗するリスクがあります。

たとえば観光客をターゲットとした土地活用を選ぶ場合、どのような方法があり、そこにはどんなリスクやデメリットが存在するのか?

あるいは所有する土地はどんな立地で、そのエリアにはどのようなニーズがあるのか?

初期投資をどう設定しどのように回収していくのか?

緻密なシミュレーションを繰り返すこと、可能な限り現実的かつ詳細な事業計画を立てること、そして信頼できるパートナーを味方につけることが重要です。

3.千葉県でおすすめの土地活用5選

千葉県での土地活用には、さまざまな可能性があります。

そのためいざ土地活用を始めようと思ったとき、悩んでしまう方も多いでしょう。

おすすめの方法を5つ厳選し解説します。

 

賃貸マンション/賃貸アパートの経営

固定資産税や都市計画税、相続税といった税金対策におすすめなのが、賃貸マンションや賃貸アパートの経営です。

莫大な建設費用がかかりますが、相続税評価額を下げるといった節税対策には、そもそも一定規模以上の投資が必要とされています。

資産規模に応じて適切に投資することで、大きな節税効果が見込めるでしょう。

県人口が増加している千葉県においては特に、入居者を確保できれば長期間、安定した収益を上げることができます。

賃料相場が高いエリアに土地をお持ちの方などにおすすめしたい活用方法のひとつです。

 

戸建賃貸の経営

同じく県人口が増加している千葉県においてニーズが高いのが、戸建賃貸です。

もともと戸建賃貸は物件が少ないため、早期に入居者が決まる可能性もあります。

賃貸マンションや賃貸アパートと比べると収益性は低いですが、その分、莫大な初期投資も必要としません。

また基本的にはファミリー層が入居しますので、長期間の安定した収益が見込めます。

ただし土地の価格が上がるなどの理由で「売却したい」と考えたとき、すぐに返してもらうといったことは難しいかもしれません。

定期借家など、将来を見越した計画が必要になるでしょう。

 

民泊の経営

先ほど、千葉県を訪れた観光客のうち、宿泊した人の数は年間およそ2,000万人とお伝えしました。

その中の398万1,000人、すなわち全体の1/5が外国人観光客です(令和元年の数値)。

こうしたことから、近年外国人観光客に人気の民泊を経営する、という土地活用の選択肢も出てきます。

一定規模の投資が必要になるほか、条例で定められている細かい要件をクリアしなければならない、新規およびリピーターを獲得するための戦略・経営手腕が求められるといった難しさもあります。

ですが、賃貸マンションや賃貸アパートなどと比べれば抑えられますし、旅館業・簡易宿所営業の許可を取得することで、年間180日以上営業可能となるため、通年で観光客をターゲットにできるという利点があるのも民泊の特徴です。

観光スポットに近いエリアに土地をお持ちの方、交通の便がよいエリアに土地をお持ちの方などは、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

高齢者向け福祉施設の経営

令和2年4月1日時点、千葉県に住んでいる高齢者(65歳以上)の数は170万8,872人でした。

県人口に占める割合はおよそ27%です。

平成27年の調査から12万4,000人増加しています。

県人口の増加にともない、高齢者数も増えていることがわかります。

こうした特徴を踏まえると、「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」や「デイサービス」「老人ホーム」など、高齢者向けの福祉施設を経営するという土地活用案も浮上してきます。

規模にもよりますが、場合によっては賃貸マンションのような莫大な建設費用がかかる可能性があります。

また基本的に経営は福祉事業者・介護事業者などと共同になることが多いため、簡単に取りやめることなどは難しいでしょう。

しかし将来性や収益性、安定性といった面でメリットが多い土地活用方法でもあります。

高齢者が多いエリアに土地を持っている、自然豊かな閑静なエリアに土地を持っているといった方は、高齢者向けの福祉施設の経営も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

商業施設の経営

交通の便がよい、交通量が多い、人口が多いなど、商業エリア土地をお持ちであれば商業施設を開発し経営する手もあります。

コンビニや飲食店、ファッションや暮らしのサービスなど、各店舗事業者を誘致し、共同で経営するといった流れがスムーズでしょう。

規模により開発に数億円といった莫大な初期投資が必要になることもありますが、ニーズに合致すれば10〜20%など高利回りを期待できる可能性もあります。

4.千葉県で土地活用をするなら「1日から貸せる家」の経営もおすすめ

千葉県で土地活用を検討されている方の中でも、観光客が多く訪れるエリア、自然豊かなエリアなどに土地をお持ちの方には、ハウスバードが提供する「1日から貸せる家」もおすすめです。

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」とは?

文字通り「1日単位で誰にでも貸せる家」のことです。

たとえば「平日はそこで暮らし、毎週末はちょっとした旅行に出かける」という場合、その旅行中に貸し出すことで収益が発生し、旅行分をカバーできます。

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」のメリット

  • ホテルやマンション、アパートや高齢者福祉施設のような大規模投資は必要ない
  • 旅館業・簡易宿所営業許可を取得すれば非常駐経営が可能(ランニングコスト削減)
  • 一般賃貸として貸し出すこともできる(万が一の際のリスク軽減) など

 

一例ですが、ハウスバードの「1日から貸せる家」にはこのようなメリットがあります。

土地の活用方法を決めかねている方、リスクを抑えつつ確かな収益を目指したい方などにもぜひおすすめしたいアイデアです。

千葉県は特に東京から近いため「平日は都心で過ごし、週末は千葉でゆったり過ごしたい」といった方々のニーズがあるかもしれません。

あるいは、多数の観光スポットがあることから、外国人を始めとした観光客を取り込める可能性もあります。

ハウスバードは、東京や京都をはじめ北海道や箱根、軽井沢など全国各地で「1日から貸せる家」をプロデュースしています。

物件の提案から宿泊施設のデザイン、施工、運営準備や顧客対応まで一貫して対応することで、余分なコストを抑えるだけでなく、収益性の高い宿泊施設作りも実現してまいりました。

千葉県で土地活用をお考えの方、どんな土地活用方法がベストなのかお悩みの方で「1日から貸せる家」の経営に興味がある方は、ぜひ一度、お気軽にハウスバードまでお問い合わせください。

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください