03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

静岡県でおすすめの土地活用3選!リスクを抑えて収益を上げるには?

静岡県で土地活用を考えている方に、おすすめの活用方法を3つ、その理由やメリット・デメリットなども交えながら解説します。

後半ではリスクを抑えて収益を確保したい方にピッタリな「1日から貸せる家」も紹介します。

1.静岡県で土地活用をおすすめする理由

静岡県内に使っていない土地をお持ちの方にはぜひ、土地活用をおすすめします。

まずはその理由を見ていきましょう。

 

固定資産税や都市計画税、相続税といった「税金対策」になる

土地は、ただ所有しているだけで固定資産税や都市計画税といった税金がかかります。

たとえば「固定資産税評価額4,000万円」の土地を持っているとしましょう。

 

この場合、毎年「4,000万円×1.4%=56万円」の固定資産税、および「4,000万円×0.3%=12万円」の都市計画税、トータル68万円のマイナスとなります。

 

20年間、何もせずにいた場合1,360万円(68万円×20年)ものお金を無駄にしていることになります。

土地の上に建物を建てることで軽減措置が適用されるだけでなく、たとえば賃貸マンションなどを経営した場合は相続税評価額を大きく下げることにもつながるなど、大きな節税効果が見込めます。

 

「ただの土地」だったものが収益を生む

ゼロ(むしろマイナス)だった土地を上手に活用することで、上述した固定資産税や都市計画税分をカバーできるだけでなく、さらなる収益を上げることができます。

将来の蓄えにしたり、私的年金にしたり、子どもたちに残したり、収益で新たなビジネスを始めたりなどさまざまな安心と可能性が広がります。

 

その地域で暮らす人たちの助けや支えになる

周辺に暮らす人たちのニーズに合った活用方法を選択できれば、そこで暮らす人々の生活を支えたり、困っていることを助けたりなど、地域にも貢献できます。

このように、さまざまなメリットが得られる点こそ、静岡県で土地活用をおすすめする大きな理由です。

2.静岡県での土地活用を成功へ導くためのポイント

静岡県で土地活用をするにあたって、失敗しないために押さえておきたいポイントをいくつか解説します。

 

静岡県の特徴を把握すること

年間観光入込客数は1億人を超える

  • 平成25年:144,968千人
  • 平成26年:147,935千人
  • 平成27年:149,342千人
  • 平成28年:152,941千人
  • 平成29年:156,482千人
  • 平成30年:153,416千人
  • 令和元年:147,163千人

 

これは静岡県における過去7年間の「観光入込客数(宿泊客数+観光レクリエーション客数の合計)」です。

平成24年から増加し続けており、令和元年には新型コロナウイルス感染症拡大の影響で減少したものの、それでも1億人超という観光入込客数を維持しています。

さらに宿泊客に絞って見てみると、平成24〜令和元年の年間平均「1,900万人超」と、2,000万人近くの観光客が宿泊施設を利用していることがわかります。

こうした数値から、静岡県で土地活用方法を選ぶ際に観光客または宿泊客をターゲットにするといったアイデアが浮かび上がってきます。

 

ただし県人口は微減、高齢者数は増加

観光入込客数が伸びている一方、日本が抱える人口減少の影響を受けているのが静岡県の県人口です。

平成17年の379万人をピークに377万人(平成22年)、370万人(平成27年)、363万人(令和2年)と減少しています。

このうち、65歳以上の高齢者が占める割合は108万4,282人(令和2年)で、全体の30.2%となっています。

総人口が減少する中で高齢者の割合は増えていますので「高齢化社会」が顕著に現れているエリアといえるかもしれません。

マイナスイメージがあることから「土地活用が難しいのでは?」と感じるかもしれませんが、悲観する必要はありません。

詳しくは後述しますが、高齢者向けの福祉施設といった土地活用方法があるからです。

 

伊豆や熱海、浜名湖など別荘地が多数

もうひとつ、静岡県の特徴として挙げられるのが別荘地です。

伊豆や熱海、浜名湖などは日本の別荘地おすすめランキング上位に入るほど有名です。

これらはいずれも観光地・温泉地・海の近くなど自然豊かなエリアですから、その特性を生かして土地活用をする方法もあります。

 

立地や地域の特性、ニーズを的確に把握すること

このように静岡県で土地活用をするとなった場合、さまざまな可能性や選択肢があります。

しかしながら、よく考えずに土地活用を始めてしまうと思わぬ落とし穴が待っていて失敗してしまうかもしれません。

どの土地活用方法を選ぶにせよ、メリットばかりでなくデメリットやリスク、そのエリアのニーズなどについて入念にリサーチし、正しく理解しておくことが大切です。

投資規模や回収シミュレーションなども含め、緻密な事業計画を立案するとともに、信頼できるパートナーを見つけることが成功へのカギです。

3.静岡県で土地活用するなら?おすすめの方法を3つ紹介

静岡県で土地活用する場合、さまざまな選択肢があります。

ここでは、その中でも特におすすめの土地活用方法を3つに厳選し、おすすめする理由や考えられるメリット・デメリットなどを交えながら解説します。

 

民泊の経営

静岡県には年間1億人を超える観光客が訪れます。令和元年を例に挙げると、観光入込客数147,163千人に対し、宿泊客数は13.3%にあたる19,605千人でした。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で例年よりは少ないですが、それでも13%の観光客が静岡県内に宿泊していることになります。

また静岡県を訪れた外国人観光客数は、少し前のデータですが2016年に2,400万人を記録しています。

そうした観光客あるいは訪日外国人旅行者などが安価で安心して宿泊できるよう、民泊を経営するといった土地活用の方法があります。

建築のための一定規模の投資が必要なほか、条例で定める要件をクリアする必要がある、常に新規・リピーター獲得のための戦略や経営手腕が求められるなど難しい部分もあります。

しかし高齢者福祉施設を建築するといったケースよりは初期投資を抑えられますし、旅館業・簡易宿所営業の許可を取得すれば年間180日以上営業できるため、年間通して観光客をターゲットにできる利点もあります。

静岡県の観光地に近いエリアに土地をお持ちの方、駅前など交通の便がよいエリアに土地をお持ちの方は検討の余地があるのではないでしょうか?

 

高齢者向け福祉施設の経営

上述のように、静岡県では高齢者の割合が増えています。

そんな静岡県で今後ニーズが伸びてくるといわれているのが、高齢者向けの福祉施設です。

具体的には「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」「デイサービス」「老人ホーム」「介護施設」「障害者施設」などです。

所有している土地を生かし、こうした活用方法を選ぶのもおすすめです。

規模によっては賃貸マンションなどを建設するような莫大な初期投資が必要になるかもしれません。

また介護事業者などと共同経営する場合、簡単に取りやめることができないといったリスクもあります。

しかし、収益性や安定性などでメリットがあります。高齢者が多く住むエリアに土地がある、自然が豊かでのんびり暮らせるエリアに土地があるという方は、高齢者向け福祉施設の経営といった土地活用も候補になってくるでしょう。

 

賃貸マンション/賃貸アパート/戸建賃貸の経営

賃貸マンションや賃貸アパートの建設には莫大な費用がかかりますが、その一方で相続税評価額を大きく下げられる可能性があるなど、節税対策にもなる点はおすすめです。

ただし、家賃相場はここ数年横ばいもしくは微減している状態ですので、もともと賃料相場が高いエリアに土地をお持ちの方のほうが、向いているかもしれません。

あるいは、戸建賃貸を経営するという手もあります。やはり固定資産税や都市計画税などの軽減措置が受けられますので、節税効果が見込めます。

収益性で見ると賃貸マンションや賃貸アパートには劣りますが、莫大な初期投資が必要ない点、ファミリー層が入居すれば長期間の安定した収益が見込める点などは安心感につながるでしょう。

4.静岡県での土地活用にはハウスバードの「1日から貸せる家」もおすすめ

最後にもうひとつ、静岡県で土地活用をお考えの方におすすめの「1日から貸せる家」を紹介します。

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」とは?

ハウスバードの「1日から貸せる家」とは、1日単位で誰にでも貸し出せる家を指します。もし1日単位で誰にでも貸すことができる家があったら、どんな使い方ができるのでしょうか?

たとえば「平日はご家族で生活し、毎週末は旅行に出かける。その旅行中、誰かに貸し出すことにより、収益で旅行代金をカバーできる」といったことが可能です。

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」のメリット

  • ホテルやマンション、アパートや高齢者福祉施設のような大規模投資は必要ない
  • 旅館業・簡易宿所営業許可を取得すれば非常駐経営が可能(ランニングコスト削減)
  • 一般賃貸として貸し出すこともできる(万が一の際のリスク軽減) など

 

「1日から貸せる家」はどんな人に向いている?

  • 観光客が多く訪れるエリアに土地をお持ちの方
  • 自然豊かなエリアに土地をお持ちの方
  • 別荘地に土地をお持ちの方
  • リスクを抑えつつ土地活用を始めたい方
  • 初期投資を抑えて土地活用を始めたい方 など

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」は、静岡県に土地をお持ちの方で、活用方法に悩んでいる方、できる限りリスクや初期投資を抑えて土地活用をしたい方などにもぜひおすすめしたいサービスです。

東京からも近い静岡県は、日本有数の別荘地でもあります。「平日は都心で過ごし、週末は別荘地でゆったり過ごしたい」といったニーズに応えられる可能性があります。

もしくは観光スポット付近であれば、外国人を含む観光客を取り込めるかもしれません。

ハウスバードはこれまで、東京や京都をはじめ北海道や箱根、軽井沢など全国各地で「1日から貸せる家」をプロデュースしてまいりました。

物件の提案から宿泊施設のデザイン、施工、運営準備や顧客対応まで一貫して対応することで、余分なコストを抑えるだけでなく、収益性の高い宿泊施設作りも実現してまいりました。

静岡県で土地活用をお考えの方、どんな土地活用方法がベストなのかお悩みの方で「1日から貸せる家」の経営に興味がある方は、ぜひ一度、お気軽にハウスバードまでお問い合わせください。

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください