03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

伊豆高原すいらん荘別荘地の魅力を解説!物件や土地の価格相場は?

伊豆高原「すいらん荘別荘地」の魅力について解説するとともに、別荘の購入を検討している方に向けて物件や土地の価格の目安も紹介します。

ハウスバード「1日から貸せる家」にもピッタリなすいらん荘別荘地、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

1.伊豆高原すいらん荘別荘地とは?

伊豆高原の「すいらん荘別荘地」とはどのような別荘地なのか、まずは基本的なところから説明していきます。

 

「すいらん荘別荘地」は伊豆高原の南隣に位置する別荘地

伊豆高原すいらん荘別荘地とは、伊豆高原の南隣、つまり静岡県の最東部に造成された別荘地のことをいいます。

伊豆高原ですが、住所としては「静岡県伊東市八幡野」になります。

 

「伊豆高原」といえば、東西5km、南北10kmにわたって広がる台地ですが、すいらん荘別荘地はその台地にあって平坦な敷地が多いことが特徴です。

伊豆急行線や踊り子号が停車する「伊豆高原駅」からは徒歩圏内(10分程度)とアクセスが良く、桜で有名な「伊豆高原 桜並木」なども至近です。

伊豆高原すいらん荘別荘地がある静岡県伊東市は、年間の平均気温が16.4℃という、温暖な気候が特徴のエリアです。

季節別に見てみると、真夏の平均気温は約26℃、真冬で約7℃ほどになります。東京よりもやや涼しいといったところです。

2.伊豆高原すいらん荘別荘地の魅力を紹介!

伊豆高原すいらん荘別荘地の魅力を思いつく限り紹介していきます。

 

なんといっても「温泉の引き込みが可能」な別荘地!

伊豆高原すいらん荘別荘地は総区画が約950区画あり、温泉の引き込みも可能な別荘地として人気があります。

伊東市といえば「伊東温泉」で有名ですが、まさに伊豆高原すいらん荘別荘地はその温泉を堪能できるエリアというわけです。

 

人やお店が集まるため生活しやすい!

温泉地として人気があるほか、海や山もあることからレジャースポットが数多く存在するのもまた、伊豆高原すいらん荘別荘地の特徴です。

人が集まるところにはさまざまなお店も集まってきます。

伊豆高原駅周辺はもちろん、エリア内には下田市〜小田原市を結ぶ国道135号線も走っており、レストランやカフェなどの飲食店、スーパーやホームセンター、医療機関や学校、コミュニティーセンター、出張所など日常生活に欠かせない施設がコンパクトに集まっています。

 

今後人気が上がりそうな希少エリア!

上述のように、伊豆高原すいらん荘別荘地は伊豆高原駅から徒歩圏内にある別荘地という、希少なエリアです。

桜並木などの観光スポットも多いことから、今後さらに人気が上昇するのではないかといわれています。

 

四季折々の豊かな自然が楽しめる!

伊豆高原すいらん荘別荘地は、昔ながらの森や川などがそのまま残されている自然豊かなエリアです。

山々の緑に囲まれながら四季の移ろいを肌で感じられるなど、まさに「自然と共存」できるエリアといえるでしょう。

 

別荘地の中には梅雨の時期にホタル鑑賞ができる川があり、また台地を登れば太平洋を望めるなど、海と山の両方を堪能できる別荘地として人気です。

 

都心からの距離もほどよい!

伊豆高原すいらん荘別荘地は伊豆高原の南隣に位置しながら、都心からも車(東名高速)や電車(東海道新幹線)で2時間ほどと、アクセスが良いのが魅力です。

 

台地なのに平坦な敷地が多い!

一般的に「高原」や「台地」というと傾斜が多い印象ですが、たしかに伊豆高原ですから傾斜地ではあるものの、すいらん荘別荘地には平坦な敷地も多く存在します。

 

別荘を購入して後悔するポイントのひとつが「買った当時は若かったが50代、60代などになって通うのが大変になってしまった」といった点です。

 

たとえば、階段や坂道の上り下りが辛くなってしまい、結局別荘を使わなくなってしまったというケースです。

平坦な敷地が多い伊豆高原すいらん荘別荘地であれば、そうした懸念もいくらかは払拭できるのではないでしょうか?

 

さまざまなニーズに合致する!

  • 海のレジャーを楽しみたい
  • 山のレジャーを楽しみたい
  • ゴルフやテニスなどのスポーツを楽しみたい
  • 週末だけリフレッシュしに訪れたい
  • 長期休暇は大自然の中でのんびり過ごしたい
  • 自然の豊かさに癒やされたい
  • 周りを気にせず温泉にゆっくり浸かりたい など

 

伊豆高原すいらん荘別荘地は、このようにさまざまなニーズに合致するエリアです。

3.伊豆高原すいらん荘別荘地の物件や土地の価格は?

伊豆高原すいらん荘別荘地には個性あふれる別荘やペンション、保養施設などが建ち並んでいます。

実際に別荘を所有するとなった場合、物件や土地の価格はどれくらいになるのでしょうか?

※価格は2022年4月2日時点で確認できたものです。変動する可能性があります。

 

伊豆高原すいらん荘別荘地の物件や土地の価格

たとえば土地で見てみると、667平米(約202坪)、伊豆高原駅から車で約4分という立地で780万円、545平米(約164坪)同じく伊豆高原駅から車で約5分という立地で500万円、といった不動産が売りに出されています。

建物付きでいうと、土地面積662平米(約200坪)、建物面積97平米(約30坪)の木造平屋3LDK、伊豆高原駅から1.5kmという好条件で980万円と格安で売りに出されています。

そのほか、同じく伊豆高原駅から徒歩14分という立地にある古家付き土地330平米(約100坪)が550万円と、人気の別荘地でありながら狙い目であることがわかります。

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響は?

新型コロナウイルス感染症拡大に伴いテレワークが増えたことなどから、地方に移住する方も増えています。

たとえば長野県の軽井沢などでも物件や土地の価格が上昇するなど、少しずつ影響が出始めています。

 

さまざまな規制が長引いたり、テレワークなどがより広く普及したりすれば、自然豊かで都市部へもアクセスしやすい伊豆高原すいらん荘別荘地も、移住者が増える可能性があります。

当然、そうなれば別荘の物件価格や土地価格が上昇することも考えられます。

4.伊豆高原すいらん荘別荘地は「1日から貸せる家」に最適なエリア!

伊豆高原すいらん荘別荘地の魅力などについて解説してきました。

海や山の大自然に囲まれながら、温泉にのんびり浸かってリフレッシュできる、そんな理想の暮らしを実現できるのが、伊豆高原すいらん荘別荘地ですよね。

 

とはいえ別荘を持つことはメリットばかりではありません。たとえば伊豆高原すいらん荘別荘地に別荘を所有した場合、次のような不安を抱える方も多いのではないでしょうか?

 

別荘を持つことに対する不安

  • 思ったほど使わなかったらもったいないのではないか
  • 建物や庭の手入れなど、維持管理が大変なのではないだろうか
  • 使う頻度が低いと設備の劣化も早いのではないだろうか など

 

こうした不安を解消できるだけでなく、そこから新たなビジネスモデルを展開していける可能性を秘めているのが、ハウスバードが提供する「1日から貸せる家」です。

 

「1日から貸せる家」とは?

「1日から貸せる家」とは文字通り、ハウスバードがプロデュースする「1日単位で誰にでも貸し出せる家」のことで、お持ちの別荘を有効活用することでができる新しいアイデアです。

 

たとえば「平日はご家族とともに別荘で過ごし、毎週末はいろいろなところを旅行したい」と思ったとき、その週末に貸し出すことで旅行代金をカバーできる可能性があります。

また別荘を使っていない間も人に貸し出すことにより、設備の急激な劣化などを防ぐことができます。

収益が増えてくれば、固定資産税といった維持費や、管理会社に委託する管理費用などもカバーできるでしょう。

 

「1日から貸せる家」の特徴

  • ホテルや旅館などと比べて莫大な初期投資を必要としない
  • 旅館業・簡易宿所営業を取得すれば非常駐経営が可能(ランニングコスト削減)
  • 一般賃貸としても貸し出せるためリスクヘッジになる など

 

ハウスバードの「1日から貸せる家」にはこうした特徴があります。

別荘を所有する際の不安を解消できるだけでなく、新たなビジネスモデルとして収益を上げることも可能な「1日から貸せる家」は、まさに人気の別荘地「伊豆高原すいらん荘別荘地」にピッタリなサービスなのです。

ハウスバードはこれまで、東京や京都をはじめ北海道や箱根、軽井沢など全国各地で「1日から貸せる家」をプロデュースしてまいりました。

物件の提案から宿泊施設のデザイン、施工、運営準備や顧客対応まで一貫して対応することで、余分なコストを抑えるだけでなく、収益性の高い宿泊施設作りも実現してまいりました。

ハウスバードの「1日から貸せる家」は、伊豆で一棟貸しの経営を検討している方はもちろん、できる限り初期投資とリスクを抑えて別荘や空き家を活用したい方などにもおすすめできるサービスです。

「1日から貸せる家」の経営に興味がある方は、ぜひ一度、お気軽にハウスバードまでお問い合わせください。

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください