03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

古民家を活用したビジネス・経営のアイディアを紹介!

現在築何十年の古い建築手法で建てられた古民家をリノベーションして、住居やビジネスに活用することがブームとなっています。

古民家の価値や魅力が見直されている理由や、実際にどのようなビジネスに活用されているのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

当記事では、古民家の価値・魅力、古民家ビジネス経営のアイディア、古民家をビジネスに活用する方法・手順についてご紹介していきます。

古民家を活用してビジネスを経営してみたい方は、ぜひご参考下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

古民家が持つ価値・魅力

 

古民家には、現代の住まいとは大きく異なる特有の価値・魅力が詰まっています。ここでは、古民家が持つ価値・魅力についてご紹介します。

 

レトロな雰囲気・落ち着いた雰囲気を楽しめる

古民家についての厳密な定義はありませんが、一般的には大正時代以前に日本の伝統的な建築方法で建てられた民家のことを指す場合が多い傾向にあります。

以下にご紹介するように、現代の住宅とは全く異なる趣のある雰囲気を楽しめるのが古民家の魅力です。

  • さまざまな木材を組み合わせて建築されており、古材の風合いを感じ取れる
  • 広々としていて天井が高く、開放的な空間を楽しめる
  • 歴史的価値を持つ旧来の武家・庄家・商家・農家も多く、先人の生活を肌で感じ取れる

現代では古民家は貴重な観光資源としても文化財としても脚光を浴びており、古民家の価値・魅力が見直されるきっかけともなっています。

 

郷土色・地域性を楽しめる

古民家は単体でも価値・魅力がありますが、地域によって建築手法や造りの違いを楽しめることも大きな特徴。

古民家が収集している地域や街並みが残された地域では、現代から過去にタイムスリップしたような感覚を楽しめることも多くあります。

日本の原風景ともいえる地域性・郷土色を楽しめることも、古民家が持つ大きな価値・魅力です。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

古民家をビジネス・経営に活用する方法3選

近年では、古民家が持つ価値・魅力を活かしたビジネスが次々に誕生しています。こ

こでは、古民家を活用してビジネスを経営する方法・事例をご紹介します。

古民家がどのようなビジネスに適しているのか把握しておきましょう。

 

賃貸物件を経営

賃貸ニーズに合うように修繕・リノベーションを行い、物件としての価値を高めれば、古民家で賃貸経営を行うことも可能です。

近年では趣のある古民家に実際に住んでみたいという方や、穏やかな雰囲気の地方で暮らしてみたいという方が増えてきているため、一定以上のニーズも期待することができます。

一度入居した利用者は長期的に住み続けてくれるため、安定した収益が見込めるのが賃貸経営の大きな特徴。

既に空き家として古民家を有している方や、掘り出し物の物件を見つけた方、賃貸経営の経験がある方にはおすすめのビジネスとなります。

 

宿泊施設・貸別荘を経営

近年では日本人だけでなく訪日外国人による古民家での宿泊ニーズが高まっているため、宿泊施設を経営するのもおすすめです。

現にホテル・旅館・貸別荘・ゲストハウス・民泊など古民家を活用したさまざまな宿泊施設の事例が見られるようになっています。

ホテル・旅館はやや法規制が厳しく難易度が高いため、これから参入するのであれば旅館業法による簡易宿所に該当する貸別荘・ゲストハウスや申請が簡便な民泊がおすすめです。

弊社では、貸別荘・ゲストハウスの総合的なコンサルティング・サポートを事業として営んでいます。

古民家を活用した宿泊業についての相談も承っていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

飲食店経営

古民家が持つ日本家屋特有の佇まい・雰囲気・懐かしさは、カフェ・レストランといった飲食店経営にも非常に適しています。

特に、和菓子・和スイーツ・和ドリンク・和食といった和風のメニューを提供する飲食店にはこの上なくマッチしており、実際に盛況を博している事例も数多くあります。

古民家の落ちついた雰囲気は洋食レストランなどとも相性が良く、店舗のコンセプト・デザイン・設計次第ではどのようなジャンルの飲食店でも古民家を活用することが可能です。

飲食店経営を行ってみたい方は、古民家ならではの特性を活かして、個性的なお店を開業してみてはいかがでしょうか。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

古民家をビジネスに活用する方法・手順

古民家に価値・魅力を感じた方のなかには、実際にビジネスを始めてみたいという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、古民家をビジネスに活用する方法・手順について解説します。

 

経営したいビジネスモデルを決める

古民家ビジネスを始めるにあたっては、まずは自身が経営したいビジネスモデルを決めます。単に業態を決めるだけではなく、幅広く事例・情報を集め、収益性・持続性といった事業実現性まで含めて慎重に検討を行うことがポイントとなります。

ビジネスモデルが決まったら、実際に古民家ビジネスとしてカタチにしていくために、事業計画・収益計画へと落とし込んでいきましょう。

 

エリア選定・物件確保

経営したいビジネスモデルが決まったら、古民家ビジネスを開業するエリア・物件を決めます。

大手不動産サイト・古民家専門の不動産情報サイト・地域の不動産業者・空き家バンク・自治体が運営する移住情報サイト等を駆使して、幅広く情報を集めましょう。

エリア・物件がある程度絞り込めたら、物件情報・周辺環境・地域制・交通利便性等を細かくチェックして、確保する物件を決定します。

エリア・物件は古民家ビジネスの成否に大きく影響するため、じっくりと時間をかけて最善の選択を行うようにしましょう。

古民家の状態を把握

古民家物件を確保しても、そのままの状態ではビジネスを行うことはできません。

物件が傷んでいたら修繕を行う必要がありますし、開業するビジネスモデルに合わせてリフォーム・リノベーションを行う必要もあります。

そのため、物件を入手したら、まず老朽化・劣化といった物件の状態について確認を行い、どの程度の修繕・リフォーム・リノベーションが必要となるのか判断・検討します。

リフォーム・リノベーションを行う

現代の技術では古民家の外観を残しつつ、機能性を備えた空間へと生まれかわらせることが可能です。

上記で確認した情報をもとに、古民家の建築工法に対応した業者から見積もりを取得して、リフォーム・リノベーションを依頼します。

あらかじめリフォーム・リノベーションの要望・内容を決めておくと、業者とのやり取り・設計・施工をスムーズに進めることができます。

開業に必要な許可申請を行う

古民家ビジネスを開業するための各種申請を行います。

開業するビジネスの業態・規模にもよりますが、以下のような許可申請が必要となります。

  • 開業届
  • 旅館業簡易宿泊営業の許可
  • 飲食店営業許可
  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

各種許可申請を行わずに開業してしまうと違法営業となり、ペナルティを受けたり最悪の場合は営業停止となる可能性があります。

必ず抜け漏れが無いように許可申請を済ませておきましょう。

設備・備品を揃える

内外装が整ったら、開業する業態に合わせて、空調・音響・家電・調理器具・食器・レジ等の設備・備品を揃えます。

古民家の雰囲気を大事にするために、元々使われていた古民具・小道具をなるべく残しておくことがポイントです。

集客手段を検討・用意する

古民家ビジネスにおいても、集客方法については現代風に合わせることが重要となります。

現代においては、仲介サイト・SNS・ブログ等のインターネット集客が主流であるため、自ビジネスに合わせて集客施策を実施できる体制を整えておきます。

古民家ビジネス開業

全て準備が整ったら、お客さんを集めてビジネスをスタートします。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

まとめ

古民家ならではの魅力に着目して、飲食店・宿泊施設等のビジネスを新規に開業する方は増え続けています。

成功事例も多く見られるようになり、まさに現代は空前の古民家ブームと言っても過言ではないでしょう。

古民家ビジネスを検討しているのであれば、トレンドのビジネスである貸別荘・ゲストハウスで開業するのもおすすめ。

弊社では、古民家をリノベーションした貸別荘・ゲストハウスの総合的なコンサルティング・サポートを提供しています。

古民家を活用した貸別荘・ゲストハウスの経営に興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

・ハウスバード株式会社|お問い合わせフォーム

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください