03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

ホテル経営の開業方法を解説!経営形態や開業コスト、成功のコツを総まとめ

バケーションレンタルや民泊など、様々な宿泊施設経営が簡単にできるようになってきています。

中でも、ホテル経営は利回りが高く魅力的な投資です。この記事では、ホテルの経営形態や始め方を解説します。

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

ホテルの経営形態

所有直営

所有直営とは、ホテルの経営と運営をホテルの所有者自らでおこなう方式です。

主に運営資金が多かったり、資金調達能力に優れた大企業などが所有直営でおこなう傾向があります。

所有直営の代表的なホテルは、帝国ホテル、ワシントンホテル、リーガロイヤルホテル、プリンスホテルなどです。

 

また、メリットやデメリットは以下のようになります。

 

メリット

・経営や運営をおこなうのがホテル所有者のため、社会的信用が高い

・金融機関からの融資を受けるのに有利

・独自ブランドのため、成長に伴いチェーン展開などをして利益を増やすことも可能

・ホテルの内装や方針などの意思決定が迅速におこなえる

 

デメリット

・資金力が必要で、維持費や税金などの金銭面でのマネジメント力もなければいけない

・経営が悪化すると収入も悪くなる

 

運営委託

運営委託とは、土地や建物を所有するオーナーが、ホテルの運営を他の会社に委託する方式です。

そのため、委託された会社は幹部などを支配人として配属し、マネジメントなどをおこないます。

運営委託の代表的なホテルは、星野リゾート、ホテルJALシティ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナルなどです。

 

また、メリットやデメリットは以下のようになります。

 

メリット

・運営を専門家に委託できるため安心

・経営負担の軽減ができる

・ホテル運営の専門家のノウハウが学べる

 

デメリット

・運営委託料が必要となる

・利害の不一致がでる場合がある

 

リース

リースとは、所有者のホテルの一棟を運営会社が借りて経営をする方式です。

運営会社は所有者に賃料を払い、運営や経営をします。

ほかにも、土地や建物をもっている会社が、ホテル運営に特化した系列の子会社を設立して経営を任せるという方法もあります。

リースの代表的なホテルは、ホテルルートイン、東横インなどです。

 

また、メリットやデメリットは以下のようになります。

 

メリット

・ホテルの売上が落ちても、リース料は変わらず貰える

・ローリスクで安定経営

 

デメリット

・ホテルの売上が上がっても、リース料は増えない

 

フランチャイズ

フランチャイズ型は、ホテル運営をしたい加入者がホテルチェーンに加入することにより、建物の所有・ホテルの運営・経営をする方式です。

代わりに加入者は、ホテルチェーン本部に加盟料とロイヤリティを支払います。

代表的なホテルは、アパホテル、スーパーホテル、ホテルサンルートです。

 

また、メリットやデメリットは以下のようになります。

 

メリット

・ホテル事業のノウハウがなくてもバックアップが受けられる

・有名なブランドのホテルなら、信頼を得やすい

 

デメリット

・たとえホテルの売上が落ちても、加盟料やロイヤリティは同じように発生し続ける

 

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

ホテルの経営を始めるうえで必要な準備

営業許可を取る

ホテルの運営・経営をするためには、旅館業営業許可証を受け取ることが、法律で義務付けられています。

ホテルの営業許可を取るためには、申請書類を自治体に提出し、都道府県知事もしくは市区町村長から許認可を受けなければなりません。

また、旅館業営業許可証を受け取るためには、ビジネスホテルや観光ホテルの場合、客室が洋室中心で10室以上、一室の床面積が9平方メートル以上などの決まりがあります。

 

事前相談

各都道府県や自治体では、申請書の提出前に旅館業法窓口に事前に相談にいくことが義務付けられていることが一般的です。

事前相談の時点で、施設の住所、図面、建築基準法や消防法の適合状況などを確認するケースもあるため、相談に行く前に電話などで確認しておくとスムーズに話が進むでしょう。

 

営業許可申請書の提出

営業許可申請書の提出には、以下のような書類が必要となります。

 

・施設の要件に沿った営業許可申請書

・営業施設の図面・見取図

・その他自治体が定めた書類や手数料

 

ホテルを運営する地域の自治体により、必要書類が別途必要であったり手数料も異なるため、前もって調べておく必要があります。

 

保健所による施設調査

保健所による立ち入りの施設調査は、建設終了後におこなわれます。

調査では、保健所の職員が、構造や設備が法令で定める基準を満たしているかの確認を目視でおこなうのです。

また、法令で定める基準を満たしていても、自治体による基準が満たされていない場合もあるため、両方の基準への理解・確認が必要となります。

 

営業許可証の交付

申請書類などの書類審査と施設調査が終わり、問題なく基準を満たしていれば保健所より許可が下り、営業許可証の交付がされます。

交付されて初めて営業が可能となり、その後の準備を進めることができるのです。

また、一般的にはスムーズに進んでも、申請から許可までの期間は1ヶ月ほどかかります。

 

営業許可された後の注意点

営業許可された後にも、注意点はいくつかあります。

まず、各自治体による衛生管理法に従い寝具の交換や浴室・客室などの清掃などをおこなわなければなりません。

衛生管理法は、各自治体で条例が定められており、開業をする地域による違いもあります。

そのため、各自治体の衛生管理の基準はあらかじめ目を通しておけば、後々も役に立つでしょう。

 

また、営業者には宿泊者の氏名や住所などを記載する宿泊者名簿を備え付けること、日本に住所を持っていない外国人のときは、パスポートのコピーの保存が必須になることを覚えておかなければなりません。

そして、上記のような名簿やパスポートのコピーは、個人情報となるため、厳重な保管ができるシステムが必要となります。

 

資金調達する

資金調達の主な方法としては以下のような方法があります。

 

・出資をうける

・金融機関から融資をうける

 

ホテルを開業・運営するためには、自己資産だけでは難しいでしょう。

 

そのため、上記のような方法で資金を調達するのが一般的ですが、どちらもメリット・デメリットがあるためよく理解しておく必要があります。

メリット・デメリットは以下のようなことです。

 

出資

メリット

・借入ではないため、返済の必要がない

・出資者が事業のノウハウをもっているケースが多い

 

デメリット

・出資者にも経営権があるため、所有者の思い描く運営ができないことがある

・出資者をみつけなければいけないため、そもそもの知名度が必要

 

融資

メリット

・借入しているだけなので、自由に運営することが可能

 

デメリット

・借入のため返済が必要となる

・借入をするためには、ある程度の信用が必要なため、経営実績や借入の半分くらいの自己資産などの社会的地位がなければいけない

 

上記のようなメリット・デメリットを理解すると同時に、自身に可能な方法を選択して運営することが、成功させるためのポイントとなります。

 

物件の購入や建設

ホテルの物件を見つける方法としては、購入と建設の2つが一般的です。

それぞれの概要は以下のようになります。

 

物件の購入

物件の購入をする場合は、売り物件を探さなければなりません。

 

探し方としては

・ポータルサイトもしくは会員制ポータルサイトで探すか提案を待つ

・マッチングサイトで売主に交渉する

・不動産会社に相談する

 

以上のような方法があります。

 

物件の建設

ホテル建設は、建設会社に依頼をしておこないます。

ただ、費用が構造や規模、地域によって異なるため、相場を把握しておかなければ後々苦労するため、事前に調べておきましょう。

 

ホテルの構造には「木造」「鉄筋コンクリート」「鉄骨造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」があります。

全体の平均としては坪単価で117万円ほど、ホテルで最も多い作りの鉄骨造の坪単価は128万円ほどです。

また、これに加え内装や外装、レイアウト設計など、建設には様々なジャンルに費用が必要となるため、ホテル建設の相場は合計で数億円~数十億円かかることを理解しておきましょう。

 

事業計画を策定する

ホテル経営においても、事業計画は重要となってきます。

ホテル経営で特に策定すべき点は、以下のようなことです。

 

・ターゲットにする顧客層

・コンセプト

・ホテルの立地

 

ホテルの立地からターゲットにする顧客層をしっかりと決めなければ思うような集客はできません。

さらにターゲットとした顧客層が利用したくなるようなコンセプトやサービス内容は、ホテルでは必須となります。

 

従業員の採用や集客

ホテルを経営していくためには、従業員の確保や集客は事前に手を打つべき重要な項目です。

そのため、従業員は開業する前には十分な人数を揃えておき、ホテル運営におけるマナーやサービス、施設内容の教育などを済ませておきましょう。

 

集客方法も、開業をおこなう前にホームページの立ち上げ、Web広告、SNS運用などのネットを使ったアプローチが今や必須となります。

大手宿泊サイトの媒体への掲載依頼や、雑誌などへの依頼も効果的です。

 

 

失敗する別荘活用と成功する別荘活用の違いとは?別荘活用のポイントはこちら▶

「使わない間に別荘を貸して収益化」「管理や維持コストの負担削減」「収益物件として売却価格上昇」など別荘活用をするメリットは様々です。しかし、なかなか別荘活用のノウハウは一般的ではありません。そこで、ハウスバードでは、別荘活用のノウハウを「別荘活用マニュアル」に詰め込みました

ハウスバードでは、個人・法人問わず多くの別荘地で、管理の手間や管理コストを削減できる「1日単位で貸せる」別荘活用をプロデュースしてきました別荘活用のウハウをぜひ無料でダウンロードしてご一読ください。

 

 

ホテル経営より貸別荘経営がおすすめ

ホテル経営は高コストですが、貸別荘経営は比較的手軽に始められる宿泊施設経営方法です。

 

貸別荘経営を始めるにあたってまず確認すべきことは、収益性です。

使わない間に貸せるという点ももちろんメリットですが、ある程度の投資が必要になるため、どの程度の費用で、どのぐらいの収益が期待できるのか知っておくことが必要です。

 

ハウスバードでは、周辺施設の稼働率を分析し貸別荘経営の企画から運営までお手伝いしています。

無料相談では、多くの貸別荘をプロデュースしてきた知見をもとに、お客様の物件の稼働率分析や、お客様に役立つ情報の提供を行っています。

貸別荘経営に興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。

 

 

「使っていない間に別荘を活用して貸したい」「別荘の維持管理のコストや手間を減らしたい」など、お悩みが増えやすい別荘所有。別荘活用のノウハウはなかなか一般化されておらず活用方法を調べるのも一苦労です。ハウバートは、軽井沢・箱根・京都など多くの別荘地や観光地で、「中古別荘の貸せる化プロデュース」を行ってきました。別荘活用や別荘売却にお悩みの方は、ハウスバード株式会社にぜひご相談ください。

参考程度ですが、以下は弊社が別荘活用に悩んでいる方からご相談を受けた内容の一部です。

  • 「中古別荘のリノベーションはどのぐらい費用がかかるのか」
  • 「持っている別荘をそもそも貸すことができるか知りたい」
  • 「相続した別荘をなんとかしたいがどうすればいいか知りたい」
  • 「別荘を買うだけでは節税できないと税理士に言われた」
  • 「使っていないシーズン中には別荘を貸して活用したい」

無料相談では、軽井沢・箱根・京都などの数多くの別荘地で、中古別荘を1日単位で貸せる別荘として活用してきたノウハウをもとにお悩みにお答えさせていただきます。「うちの別荘って貸せるの?」など簡単な質問からでも受け付けております。ぜひご相談ください。

別荘活用の無料相談はこちらから▶

 

 

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください