COLUMN

コラム

空き家の活用方法とは?空き家の活用法4選をご紹介!

「空き家を相続したが活用する方法がないか知りたい!」

「空き家を活用して副収入を得たい!」

「空き家を活用した宿泊事業に参入する方法はないの?」

このような悩みや疑問を抱く方も多いのではないでしょうか?

 

空き家は現代日本の大きな社会問題の1つです。

円安の影響から物価も上昇している今、空き家を維持するだけでも相当な費用がかかってしまいます。そのため、できることなら上手に活用したいと考える方も多いはず。

 

そこで、本記事では、空き家の活用方法についてご紹介します。

 

空き家を活用した貸別荘事業など、さまざまな活用法をご紹介しますので、最後まで読んでいただき、ご自身の空き家活用にお役立てください。

空き家を相続したときの3つの選択肢とは?

空き家を相続したときの3つの選択肢とは?

通常、空き家を相続した場合、一般的に以下の3つの選択肢が考えられます。

 

・保有しておく

・売却する

・活用する

 

ここでは、3つの選択肢の持つメリット・デメリットについて解説していきますので、それぞれ見ていきましょう。

 

保有しておく

「思い出の場所を手放したくない」「将来的に住むかもしれない」「荷物が残っている」といったケースも考えられ、そのまま保有しておくケースも多いです。

 

「思い出の場所」「帰ってくる家」といったものがある点はメリットといえます。

 

しかし、空き家は所有しているだけでも税金や維持管理のコストが発生するため、負担も大きいです。特に人が住んでいない状態が長く続くと家の傷みも進みやすく、修理費などのコストもかかりやすくなる点はデメリットといえるでしょう。

 

売却する

今後も住む予定がない場合やお金が必要といった場合には、売却するのも1つの選択肢といえます。

 

売却できればすぐにお金になる点はメリットといえますが、買い手が見つからないケースも多く、時間がかかってしまう可能性が高い点はデメリットといえるでしょう。

 

また、空き家が地方にある場合には、想定している以上に売却価格が低いことも想定されます。なかなか買い手が現れず、税金などの維持コストがかかってしまう可能性がある点も理解したうえで売却を検討するようにしましょう。

 

活用する

3つの選択肢のうち、空き家を活用するのがもっとも有効な選択肢といえます。

 

空き家の立地を生かし、活用することができれば、副収入や将来の資産形成などにつなげられる可能性がある点は大きなメリットです。

賃貸として利用したり、建て替えたりとさまざまな活用方法が考えられますが、いずれにしても相応の費用がかかる可能性がある点はデメリットといえるでしょう。

 

とはいえ、立地を生かして上手に活用できれば、コスト以上に収益が得られる可能性も高く、おすすめの方法といえます。

空き家を活用するなら!おすすめの活用法4選!

空き家を相続した場合、できることなら上手に活用したいものです。

とはいえ、どのような活用方法があるか分からない方も多いのでは?

 

ここからは、おすすめの空き家活用法について以下の3つをご紹介します。

活用法1:そのまま賃貸物件として貸し出す

活用法2:建て替えて貸し出す

活用法3:解体して更地として活用する

活用法4:貸別荘事業を行う

 

それぞれ見ていきましょう。

 

活用法1:そのまま賃貸物件として貸し出す

そのまま賃貸物件として貸し出す方法は、空き家の活用法として最も簡単な方法といえるでしょう。

 

一戸建て賃貸住宅としての貸し出しはもちろん、最近ではグループホーム、デイサービスなどの福祉施設、レンタルスペース、シェアハウスとしての貸し出しも考えられます。

空き家をそのまま貸し出しができれば、解体やリフォームの必要もないため、費用もかからずに活用できるでしょう。また、入居者が建物を管理するため、日々の維持管理コストも不要な点もメリットといえます。

 

一方、建物が古い場合には、すぐには借り手も見つかりにくく、大規模なリフォームが必要になるケースも多いです。長期間入居が維持できれば良いですが、すぐに退去された場合にはコスト分を回収できない可能性がある点はデメリットといえるでしょう。

 

活用法2:建て替えて貸し出す

建て替えて貸し出すのも空き家活用法の1つです。

 

古い建物のまま貸し出すよりも建て替えた方が借り手も付きやすく、高い家賃収入が見込める点はメリットといえます。

一方、空き家を解体する費用や建築費がかかるため、そのまま活用するよりも予算が必要です。しっかりとした収支計画を立てないと、ローン審査が通らないケースも十分考えられます。

 

また、一戸建て賃貸の場合、1戸だけでは収支が回らない可能性も高く、複数戸で運用する方が収益率も期待できます。土地の広さや立地によってはアパートやマンション、コインランドリー、トランクルームなど、さまざまな形態での貸し出しも可能です。

立地状況に合わせて、最適な方法を検討するようにしましょう。

 

活用法3:解体して更地として活用する

既存の建物を解体し、更地で活用する方法もあげられます。

 

土地だけを貸す方法もあれば、月極駐車場やコインパーキングとしての利用も期待できるでしょう。

建て替えなどと比べると初期費用を抑えることもでき、売却したくなった場合にもスムーズに売却できる可能性が高い点はメリットといえます。

 

ただし、需要がある地域であるかどうかのリサーチも必要であり、空き家を解体時には、土地の固定資産税が高くなるなどのデメリットも考えられます。デメリットをしっかりと理解したうえで検討するのが重要です。

 

活用法4:貸別荘事業を行う

貸別荘事業を行うのも空き家の活用方法としておすすめできます。

 

年間の営業日数が180日以内であれば、民泊営業の許可を取ることで運営が可能です。旅館やホテルのような宿泊施設とは異なり、比較的許可も取りやすい点もメリットといえるでしょう。

 

通常、宿泊施設を運営するには、人材確保や運営コストが必要です。一方、一棟貸しの貸別荘事業の場合、ICT技術の活用によるチェックインの非対面化などを活用することで、人材確保やコストを押さえた運営も可能となります。

築年数が経過している物件の場合でも、あえて古民家風の貸別荘として運営することでコストを抑えつつ対応できるケースも考えられるでしょう。

 

立地状況に影響される点や相応のコストがかかる点はデメリットといえますが、近年はインバウンド需要増加に伴い貸別荘需要も高まっています。

賃貸物件として利用するよりも一棟貸しの貸別荘事業を行う方が収益性も期待でき、空き家の活用方法として貸別荘事業はおすすめの活用法といえるでしょう。

貸別荘事業がおすすめな2つの理由

空き家の活用方法を4つご紹介しましたが、中でもおすすめなのが貸別荘事業です。

ここでは、貸別荘事業がおすすめできる2つの理由をご紹介します。

・宿泊体験の高付加価値化を実現できる

・運営コストを抑えられる

 

宿泊体験の高付加価値化を実現できる

一軒家貸切型で過ごせる貸別荘は、宿泊体験そのものを楽しむ目的であるケースが多く、宿泊体験の高付加価値化を実現しやすい事業です。

 

ホテルや旅館は他の利用客もいるため、自由度は決して高くありません。

一方、貸別荘は、利用客の自由度が高く、一人でゆったりした時間を過ごしたり、気の合う仲間や家族とにぎやかな時間を過ごしたりと思い思いの時間が過ごせます。

 

このように、宿泊体験の高付加価値化を実現できる点は、貸別荘事業がおすすめできる理由といえるのです。

 

運営コストを抑えられる

貸別荘事業は、他の宿泊事業と比べて、運営コストを抑えやすい点もおすすめの理由の1つといえます。

 

旅館やホテルは、部屋数も多い分、受付だけでなく清掃などの人材確保が不可欠。レストランを併設している場合には、調理人、給仕など更に人員確保が必要です。

一方、貸別荘はICT技術を活用し、チェックイン・チェックアウトを非対面化でき、利用があったときのみ清掃を依頼すれば良いため、余計な人件費を削減できます。

 

運営コストを抑えながらも高い収益が見込める点は、貸別荘事業がおすすめできる理由といえるのです。

まとめ

本記事では、空き家の活用方法について詳しくご紹介してきました。

 

空き家を活用するにはいくつかの方法があり、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで活用を検討するのが大切です。

その中でもコテージやコンドミニアムといった貸別荘事業は、インバウンド需要にも強く、収益性の高い宿泊施設としての運用が期待できる事業といえます。

 

空き家活用を検討するのであれば、是非とも本記事でご紹介した内容を参考に貸別荘事業への参入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

貸別荘を運営するならまずはハウスバードへ

貸別荘の運営を検討するなら、是非ともハウスバードへご相談ください。

 

当社ハウスバードでは、「1日から貸せる家」をコンセプトに全国各地で魅力的な貸別荘を多数プロデュースしています。

一戸建てのコテージや一軒家貸切型のコンドミニアムは、運営コストを抑えながらも、利用客の自由度も高く、満足度の高い事業運営が可能です。

 

立地状況に応じて最適な事業計画の立案から運営管理までワンストップでお手伝いすることができます。

宿泊事業への参入を検討しているなら、まずは貸別荘事業のプロフェッショナルであるハウスバードへ是非ご相談ください。

トップページ
お電話
お問い合わせ

お電話はこちら

03-6661-6025