03-6661-6025受付:平日9:30 - 18:00

事業再構築補助金でコインランドリー事業は可能?使える理由とおすすめの補助金活用法をご紹介!

 

 

「事業再構築補助金を活用してコインランドリー事業を始めたい」

「事業再構築補助金を利用するおすすめの新事業を知りたい」

このように考えていらっしゃる事業者様も多いことでしょう。

今、コロナ禍事業者の事業再構築を支援する制度として大きな注目を浴びているのが事業再構築補助金です。

本記事では、コインランドリー事業で事業再構築補助金に採択されるコツやコインランドリー事業が向いている理由、おすすめの補助金活用法についてご紹介します。

是非、最後まで読んで事業活用に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

コインランドリー事業で事業再構築補助金に採択される3つのコツをご紹介!

コインランドリー事業に事業再構築補助金を活用したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

コインランドリー事業は、これまでの事業再構築補助金の採択結果においても新事業として採択されているケースも多く、相性の良い事業といえます。

しかし、ただ闇雲に申請すれば良い訳ではなく、コインランドリー事業であっても採択されるにはいくつかのコツが必要です。

ここでは、コインランドリー事業で事業再構築補助金に採択される3つのコツについて以下の通りご紹介していきますので、それぞれ見ていきましょう。

  • 相乗効果が期待できる事業計画になっているか?
  • トレンドを取り入れた事業計画を策定しよう!
  • 失敗は成功の素!再チャレンジも検討しよう!

相乗効果が期待できる事業計画になっているか?

相乗効果が期待できる事業計画になっているかどうかは、採択されるうえで重要なポイントです。

例えば、ガソリンスタンドの経営をしている事業者がコインランドリー事業を開始する場合、コインランドリーの利用客が自社スタンドで給油することが期待できるでしょう。

また、カフェなどの飲食店経営者がコインランドリーを併設する形で営業するなどの形態を取れば双方の利用が見込めます。

事業計画を策定する段階で、こうした相乗効果が期待できるかを計画に織り込めるかどうかは非常に重要なポイントとなるでしょう。

トレンドを取り入れた事業計画を策定しよう!

事業再構築補助金採択のコツとして、トレンドを取り入れた事業計画であるかも重要なポイントといえます。

事業再構築補助金は、コロナ禍による影響を受けた中小事業者を支援する補助金制度です。

そのため、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた取り組みであるかどうかに加え、「AI」や「DX」などのビジネストレンドをキーワードにしている事例が多くなっています。

また、「SDGs」や「脱炭素」を絡めると審査上有利に働きやすく、採択可能性が上がることが期待できます。

このようにトレンドを取り入れた事業計画が策定してあると、審査員の目にも留まりやすく、採択される可能性が上がるかもしれません。

失敗は成功の元!再チャレンジも検討しよう!

事業再構築補助金は不採択になっても再チャレンジ可能です。

第3回公募結果を見てみると、応募件数20,307件に対し、採択件数は9,021件となっており、採択率は44.4%となっています。

採択率だけで考えると半分以上は不採択となっており、簡単には採択されるものではありません。

 

もちろん、一発で採択されるのが理想的ではありますが、事業再構築補助金は再チャレンジも可能とされています。

そのため、1回目では不採択となったものの、2回目で採択されたケースも多いです。

不採択となった理由を確認して改善することで採択される可能性は高まります。

 

失敗は成功の元です。

不採択となった理由を見直して、改めて事業計画に落とし込んでいきましょう。

 

事業再構築補助金でコインランドリー事業は可能!理由をご紹介

 

コインランドリー事業で事業再構築補助金が採択されるためのコツをお伝えしました。

コインランドリー事業は事業再構築補助金を活用するのに適したビジネスモデルであり、是非とも活用したい補助金といえます。

ここでは、コインランドリー事業が事業再構築補助金の活用に適している理由を以下の通りご紹介しますので、それぞれ見てみましょう。

  • 補助金となる経費の割合が大きい
  • ノウハウがなくても始めやすい
  • 人件費が抑えられる

 

補助対象となる経費の割合が大きい

コインランドリー事業は補助対象となる経費の割合が大きく、事業再構築補助金の活用に向いています。

コインランドリー事業の場合、必要な経費としては以下のような費用が想定されます。

  • 建物建築費用や改修費用
  • 洗濯機や乾燥機、防犯カメラ等の設備費用
  • 店舗内の備品
  • システム導入費用

上記のような経費の大半が事業再構築補助金の対象経費として考えられるのです。

これまでの補助金では建設費用や改修費用は補助対象にならないケースが多く、金額の大きな投資には活用しにくい面がありました。

一方で、事業再構築補助金は建物費用にも充てられるため、大規模な事業計画にも利用しやすいといえるでしょう。

 

ノウハウがなくても始めやすい

コインランドリーは特別なノウハウは必要ありません。

例えば、飲食店の場合には料理や接客ノウハウなどが必要となります。

一方で、コインランドリー事業は特別なノウハウが必要ないため、事業を簡単に始めやすい特徴があるのです。

適切な事業計画を策定して、効果的に周知できれば、早い段階で事業を軌道にのせやすいといえます。

但し、正確な事業計画書を作成する必要があるため注意しておきましょう。

 

人件費が抑えられる

コインランドリー事業を始める場合、人件費が抑えられる点も事業再構築補助金に向いている理由としてあげられます。

コインランドリーは特に人件費を必要としません。洗濯機や乾燥機を使うのは顧客自身であり、人員を配置する必要がないのです。

システムを上手に活用すれば完全無人化も難しくはありません。

事業再構築補助金では人件費は補助対象経費とはならないため、人件費を抑えた事業展開を考えるのであれば、効率のよいビジネスモデルといえるでしょう。

 

 

事業再構築補助金のおすすめ活用法をご紹介!

 

コインランドリー事業が事業再構築に活用しやすい事業である理由をご紹介してきました。

では、実際に事業再構築補助金を活用した事業にはどのような事業が考えられるでしょうか。

ここでは、事業再構築補助金を活用するのに適した新事業を3つご紹介します。

 

コインランドリー事業

本記事でご紹介してきたコインランドリー事業は事業再構築補助金活用に適した事業としてあげられます。

コインランドリー事業を始める場合には店舗の建設費用や洗濯機・乾燥機といった機械設備が必要です。

これらの経費は補助金の対象として認められる可能性が高く、補助金を活用するのに適しているといえます。

コインランドリー自体は、顧客自身が洗濯・乾燥を行うため、基本的に人件費が抑えられる業種です。

しかも、ノウハウがなくても始めやすい点も特徴といえます。

例えば、小売店に隣接させる形でコインランドリー事業を行ったり、カフェに併設したりなどの展開を行えば、既存事業との相乗効果も期待できるでしょう。

 

フードデリバリー事業

フードデリバリー事業も事業再構築補助金を活用するのに適した事業といえます。

例えば、ホテルシェフが作る料理を気軽に楽しめるようにしたキッチンカ―での移動販売やデリバリーができれば、ホテル利用客以外の新たな消費者の獲得が見込めるでしょう。

また、キッチンカーやデリバリー利用客に対して、既存事業の案内を行なうことで既存事業への相乗効果も期待できます。

車両経費や人件費は補助対象とならないため、注意が必要ですが、車内設備などは補助対象となる可能性が高いです。

 

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)

貸別荘事業(バケーションレンタル事業)の展開も事業再構築補助金を活用したおすすめ新事業といえるでしょう。

貸別荘事業であれば、既存の建物の撤去や改修、各種ICT機能の導入費用、プロデュース費用などの経費が補助対象経費として認められる可能性が高いです。

貸別荘事業の場合、通常の宿泊業と比べて人件費も抑えられます。リスクを抑えつつ高い収益性も期待できる事業として注目されている事業です。

貸別荘事業を行う場合には旅館業法をクリアしなくてはなりませんが、その分、新たな事業者が参入しにくいため、競争力に優れている点もおすすめできるでしょう。

 

 

まとめ

本記事では、コインランドリー事業で事業再構築補助金に採択されるコツや事業再構築補助金に適している理由、おすすめの新事業についてお伝えしてきました。

自社の事業再構築を検討するうえで参考になったのではないでしょうか。

過去最大級の補助金額であり、コロナ禍事業者への支援策として大きな注目を集めている事業再構築補助金。

自社に適した事業を始めるためにも、是非とも本記事を役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

事業再構築補助金を活用したコインランドリー業は、ほとんど情報がありません。

バケーションレンタル事業では、事業リスクをできるだけ下げ、本業とのシナジー効果が期待できます。

 

「事業再構築補助金は使いたいけど、コインランドリー業などのリスクが少ない投資にしたい」

「事業を大きく転換するのは想像しにくいけど、事業再構築補助金は使いたい」

「事業再構築補助金は使いたいけど、結局どんな事業がいいのか分からない」

 

という方に向けて、バケーションレンタル事業の詳細についてまとめた資料を無料配信しています。

弊社の利回り実績や費用感、事業再構築補助金が不採択になる場合、バケーションレンタル事業のより詳細な魅力について総まとめしています。

下のダウンロードフォームから簡単にダウンロードできますので、今すぐフォーム入力をお願い致します。

お問合わせ

事業に関することや当社への質問などお気軽にお問合わせください